徒然日記

11月2日 その1560『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前とは言え、
都内の朝は早く、
窓の外では、
ゴーゴーと車の走る音が聞こえます。

雲は少なく、
雲の切れ間には星も見えます。

現在の気温は12度程度。
予想最高は20度程度です。

1)TPP
議員会館周辺では、
TPPに反対する皆さんの活動が活発化しています。

昨日は、議員会館前で
徹夜の座り込みをする
北海道の農家の皆さんの激励に伺いました。

====

以前から書いている通り、
TPPは農業問題や関税問題ではありません。

社会的規制の撤廃であり、
私たちの社会のあり方を大きく変える問題で、
参加には反対です。

野田総理が、
これほどまでに参加を急ぐ理由が
分かりません。

2)選挙制度
衆院小選挙区の一票の格差是正などを話し合う、
与野党協議会の第4回会合が昨夕開かれました。

昨日の協議では、
まだ合意を得るに至っていませんが、
今後も幅広に議論を行うことを確認しています。

また次回は、樽床座長から、
考え方を整理して示すことにもしています。

各党の考え方に差はありますが、
私個人の印象では、
議論が随分とこなれてきた感じがします。

3)熟議空間
最近、改めて日本の民主主義について、
思いを巡らせています。

そのため民主主義についての文献を
手当たり次第読んでいます。

ジェイムズ・S・フィシュキン著
『人々の声が響き合うとき 
  熟議空間と民主主義』(早川書房)

昨日からこれを読み始めています。

== 以下、引用 ==

世論調査がその名にふさわしいほど、
世間は「意見」と言えるほどの意見を持ってはいない。

回答者は「知らない」と認めたくないため、
その問題については
一度も考えたことがないと答えるよりは、
ほとんど適当に答えを選ぶ。

ジョージ・ビショップの実験によると、
いわゆる「1975年公共法」について、
人々は一家言あるかのように回答した。

そのような法律は存在しないにもかかわらず、である。

またこの架空の法令、
1975年公共法の20周年という節目にあたり、
法律の廃止についてどう思うか
『ワシントン・ポスト紙』が質問したところ、
それについても回答者には
考えがあるようだった。

くどいようだが、
そのようは法律は実際には存在しない。

== 以上、引用終了 ==

世論調査の危うさを指摘する、
上記の記述など、
熟議を考える上でハッとする指摘が満載です。

連日、日程がギッシリです。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・11・2 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です