徒然日記

11月3日 その1561『逢坂誠二の徒然日記』



今朝は、いつもより
ゆっくり目の朝を迎えました。

ヨーロッパ出張前から、
体を休める間もなく走り続けていますが、
メリハリを持たねばなりません。

都内の空には雲が広がっています。

予想最高気温は22度程度です。

1)高畠学
『高畠学』(藤原書店)を読み始めました。

この中で無農薬有機農法の
先駆者である星寛治さんは
次のように述べています。

「TPPの黒船に対峙して
 私は『尊農攘衣の思想』を砦にしたい。
 何よりも命の糧を生む『農』を第一義とし、
 環境を守る機能も正当に評価する。
 美しいふるさとを荒廃させていは、
 子孫に顔向けができない。
 『攘衣』とは使い捨て文明の衣を脱ぐことを意味する。
 簡素で心豊かに生きる成熟社会の価値観を身に帯び、
 自己実現を図ろうとする。
 併せて同時代を共に生きる人との関わりを以って、
 社会的実現をめざす。」

高畠学のめざす社会と
今の政府のめざす社会、
この一致点はあるのでしょうか。

日本社会のあり方を、
大きな視点で論じなければなりません。

今日は上弦の月です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・11・3 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です