徒然日記

4月13日 その2840 『逢坂誠二の徒然日記』(4484 )

知事選挙、道義選挙が終了した。

知事選挙は、佐藤のりゆき候補が、残念ながら勝利することができなかった。

道義選挙は次の通りだ。

渡島選挙区:笹田道議が、無競争で当選

桧山選挙区:福原道議が、残念ながらの落選。

北斗市選挙区:現職の長尾道議が、当選。

函館市選挙区:現職の高橋道議、平出道議が当選。新人の見付候補は惜敗だった。

渡島桧山管内改選前定数9名に対し、わが陣営は6名の道議。

改選後定数8名に対し、現職4名が生き残った。

激しい選挙戦の中で、なかなか厳しい結果だが、
何とか徳俵で踏み止まった感もある。

統一地方選後半に向けて、
新たな気持で立ち向かわねばならない。

====

今回の選挙もマスコミのおかしな誘導を感じた。
今回の選挙の最大の争点が、地方創生だと決めつける報道が多い。

そんな事はない。

地域には様々な課題があるし、
集団的自衛権だって判断の対象だ。

マスコミ報道からは、
課題を矮小化する雰囲気を感ずる。

さあ、今日もしっかりと前進します。

iPadから送信

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です