徒然日記

4月20日 その2847 『逢坂誠二の徒然日記』(4491 )

函館は、雲の多い朝を迎えたが、雨は降っていない。

しかし時間の経過とともに、雲が多くなって来た感じだ。

今後、雨になる予報だ。

====

昨日から統一地方選挙後半戦のスタートだ。

私も終日、仲間の候補の車に乗って市内遊説に歩いた。

衆参選挙、知事道議選挙、そして市町村長と議会選挙、
同じ選挙でも、それぞれに雰囲気が違う。

一番殺伐としているのが国政選挙、
一番ぬくもり感があるのが市町村議選挙かもしれない。

とにかく仲間の候補の全勝を祈念している。

====

国会の雰囲気が完全におかしい。

言葉狩りが始まっている。

詳細はいずれお知らせするが、
報道と言論、二つの自由が脅かされつつある。

====

函館市内でも、桜が綻び始めた。

昨年よりも早い印象だ。

桜ははなやかで、人の心を狂気に導く可能性のある
怖さのある花だと思っている。

一方この季節になると、
いつも泉谷しげるさんの『春のからっ風』が、頭をよぎる。

色々なことを思いつつ、新しい週のスタートだ。

さあ、今日もしっかりと前進します。

iPadから送信

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。