徒然日記

4月21日 その2848 『逢坂誠二の徒然日記』(4492)




昨日朝は、函館市内で定例の街宣を行った。

途中から強い風、
さらに雨にも祟られる厳しい条件だったが、
何とか予定通り終え、上京した。

都内も体にまとわりつくような雨。

だが函館と違い、気温は高い。

今朝は雲が多いが、その雨も上がっている。

1)安保法制
今日、本会議が開催され、
新しい衆院議長が選任される。

そんな中で、安倍総理が進める、
集団的自衛権行使関連法案に関するニュースに危惧を覚える。

衆院議長を早めに交代させて、
安全保障法制など重要法案の審議を
予定通り行いたい等の報道ぶりになっている。

例の安保法制が、重要用法案との位置付けだ。

確かに重要法案には違いない。

しかし今回の安保法制は、単なる重要法案ではない。

憲法に反する恐れの強い違憲法案であり、
立憲主義を壊しかねないものなのだ。

それが報道では、単なる重要法案との位置付けだ。

こんなことでは、
この法案に対する国民の認識を誤らせることになる。

====

仮に今回の法案の内容に賛同する方が多いとしても、
憲法改正をせずに、
今回の法案を提出することに問題があるのだ。

それを単なる重要法案として
報道するマスコミの軽薄な姿を見ていると、
怒りがこみ上げてくる。

今日も朝から晩まで、予定がギッシリだ。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・4・21
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です