徒然日記

4月23日 その2850 『逢坂誠二の徒然日記』(4494)




昨日も密度の濃い一日だったが、
今日も朝7時から
夜9時30分まで会議がびっしり詰まっている。

何とも厳しい状態だが、
とにかく頑張らねばならない。

昨日は、安保法制、TPP、
地方創生3法、エネルギー問題など、
どれもこれも重要な案件への対応ばかりとなった。

書くべき原稿も多いが、
残念ながらそちらが
後回しになっているのは何とも残念だ。

1)ドローン
昨日、官邸屋上に無人小型飛行機ドローンが落下していた。

発見直後から国会周辺は取材ヘリで、
ものものしい雰囲気になった。

このドローンに付いていたプラスチック容器付近から
セシウム134とセシウム137が検出された。

線量は最大で毎時1.0マイクロシーベルト。

誰が、何の意図でこんなことをしたのか、
官邸や国会周辺で物々しい操作が行われるに違いない。

何とも物騒な世の中だが、放射性物質が発見されたことで、
何らかの政治的メッセージを含む犯行の可能性も強い。

2)安保法制
一昨日、自公両党が安保法制に関し、大筋合意したという。

昨年の立憲主義反する閣議決定に基づく立法であり、
その内容も憲法に反するものと言わざるを得ない。

====

現在考えられている法制の代表的なものは以下。

上から下に行くに従って
日本への危険度が増す。


国際平和支援法案(新法)

国際社会の平和を脅かす国に対して
軍事行動する他国を物資輸送などで支援する


重要影響事態安全確保法案
(周辺事態法の改正)

放置すれば日本の平和に重要な影響がある事態に、
軍事行動をする米国などを弾薬提供などで支援する


武力攻撃事態法改正法案

日本の存立が脅かされる事態に
海外で武力を使って他国を守るための集団的自衛権を行使する
(日本を直接攻撃していない国に対しても武力行使可)

====

この中で例外なく国会の事前承認が必要なのは、
国際平和支援法案のみであり、
残りの二法案は、必ずしも事前承認がなくても良い。

報道では、全てに事前承認が必要であるかのように見えるが、
実際には、一つの法案のみに事前承認が必要なのだ。

いずれにしても立憲主義に反する
これらの法案を認めることは断じてできない。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・4・23
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です