徒然日記

4月30日 その2857 『逢坂誠二の徒然日記』(4501)




今日の函館の日の出は、午前4時36分。

午前4時起床が、起床だが外はまだ暗く、
街全体が霧に包まれている。

日中は、晴れ間が多く、
気温も20度近くになるとの予報だ。

春らしい、一日となるだろう。

1)メーデー
昨日は、第86回メーデーが、
市内の千代台公園で開催された。

その後、参加された1,800人の皆さんと一緒に、
私も市内を1時間に渡って行進させて頂いた。

開会式の挨拶では、次の二つの話をした。

日米防衛協力のガイドラインが、
国内の議論も、国内法令も無視したものであり、
日本の民主主義や国民主権を
蔑ろにするものであること。

残業代ゼロなど、
現在政府が提案する労働法制に関し、
塩崎厚生労働大臣が、
次のような発言をしたことを紹介した。

「(この法案は)小さく生んで大きく育てる」
「とりあえず(法案は)通す」

====

この発言の真意は何か。

塩崎大臣は、次のようにも発言している。

「経団連が早速1075万円(の下限)
を下げるんだと言ったもんだから、
質問がむちゃくちゃきましたよ。
ですから皆さん、それはぐっと我慢して頂いてですね、
まあとりあえず通すことだと言って、
ご理解いただけると大変ありがたいと思っています」

塩崎大臣の発言は、
法律をとりあえず通し、
後に残業代ゼロが適用される年収基準を
引き下げることを意図するものだということ。

なんともふざけた、
国民を愚弄する発言で許しがたい。

====

昨日は、
こんなニュアンスの話をさせて頂いた。

2)花見
メーデー終了後、参加団体の皆さんが、
それぞれ市内の各所で花見の宴席を設けた。

私もその場所を訪問して、盃を傾けさせて頂いた。

特に五稜郭公園では、咲き誇る桜の下で、
多くの団体の皆さんが、
ジンギスカンんなどを囲みながら、
まさに北海道の花見を楽しんでいた。

私もその輪に加わって、
爽やかな春のひと時を、
楽しく過ごすことができた。

感謝、感謝の午後だった。

訪米中の安倍総理のことが色々と報じられている。

今回の訪米は、日米関係を大きく変化させるものだが、
その変化が日本にとって、歓迎すべきものなのか、
十分に検証されなければならない。

安倍総理個人の強い思い込みによる国家運営に
相当な危うさを感じている。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・4・30
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です