徒然日記

5月6日 その2863 『逢坂誠二の徒然日記』(4507)




GWの最終日、ニセコで朝を迎えた。

羊蹄山、ニセコ連邦、昆布岳の
ニセコ三山が良く見える。

昨日は、黄砂のためか
ちょっと煙に包まれている雰囲気だったが、
今日はスッキリだ。

1)憲法記念日
今年の憲法記念日、新聞各紙は、
憲法に関する特集記事を随分と数多く編成した。

しかしテレビでは、
憲法に関する報道をあまり見なかった。

テレビは新聞と違って、
各局の放送を全て見ることができないため、
ザックリとした印象でしかないが、
報道が少なかったように感ずる。

政権の意向を忖度して
憲法報道を自粛しているとは思いたくないが、
そんな雰囲気が広がっているなら危険だ。

今日中に帰函し、
明日からは完全平常モードだ。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・5・6
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ご苦労様です。
    逢坂さんが感じたテレビ報道の感じは、私も報ステ事件以降大変な萎縮を感じております。
    これでは、今までに感じた事の無い世に入ったと思っております。
    国民は、二の次、ごちゃごちゃする事は、数の定義で押し切れば全く問題は無い。これが安倍総理と自民党の
    考えている事でしょう。それにしても自民党議員が皆そう思っているのか。
    誰か異論を言う者はいないのか。不思議ですね。これは米国は、もとより世界中の国々が、我が国の状態を知った時に
    こちらに砲台を向けるでしょう。困った事です。米国も資金問題で我が国を利用しているだけですからね。
    だから、国の決め事は、単純な多数決ではなしに賛成70%以上とかにしなければ大変なことになります。
    まず安倍さんは何事も「国民に丁寧に説明をする」と言っておりますので良く聞きましょう。
    今迄に何も聞いた事は、ありませんがね。  それでは、これから民主党の正念場です。
    自民党議員を引き寄せる様な魅力をもって頑張って下さい。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。