徒然日記

5月7日 その2864 『逢坂誠二の徒然日記』(4508)




GW明けの木曜日だ。

今日から完全な平常モードに入る。

GWを経て気分爽快と言いたいところだが、
昨日の函館の黄砂のように気分は曇っている。

安保法制の強行、
断固反対と言っていたTPPの推進、
震災前と変わらない原発対応、
労働者に厳しい労働法制への固執など、
日本の将来を大きく転換する政策が
進められようとしている。

こうしたことが今日以降、加速する見通しだ。

国民の皆さんも、国会議員も良く分からないうちに、
数の力でこうしたことが進み、
後になってから「こんなはずではなかった」とならないよう、
重たい気分を吹き飛ばして
最大限の対応をしなければならない。

1)TPP
環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉文書を、
国会議員が一定の条件のもとで閲覧できるようにするという。

これは4日、訪米中の担当副大臣が明らかにしたものだ。

担当副大臣の発言は以下だ。

====


交渉が最終段階に来ており、
国会でも色々な形で(開示を)求められている


できるだけ早くしたい

====

早ければ来週にも開示を始めるとのことだ。

これは歓迎すべきこととの受け止めもあろうが、
私はこうした姿が異常なものと感ずる。

国家の将来を大きく左右する交渉事が、
ごく限られた者に、
ごく限られた範囲で、
ごく限られた手法でしか公開されないことが異常なのだ。

国際交渉では、
全てを明らかにし難い側面があることは理解する。

しかしTPPのように、
非公開が原則ならば、主権在民ではない。

公開が原則であり、非公開は例外、これが本筋だろう。

TPPのような交渉が、
今後の国際交渉の基本ルールになってはいけない。

国民に公開できない非民主的な交渉事には、
そもそも賛同することはできない。

今日も朝の街宣から屋外での活動開始だ。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・5・7
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。