徒然日記

7月17日 その2935 『逢坂誠二の徒然日記』(4579)



じっとりと体が汗ばんでいる。

都内は、台風の影響で湿度の高い朝を迎えた。

1)安保法制
昨日、衆院本会議が与野党の合意がないまま
与党委員長の職権で開催が決められて、
安保法案強行採決、衆院を通過した。

その時間、わずか一時間あまりだ。

歴史の大転換となる安保法案が、
いとも簡単に可決となった。

与党の賛成討論は、原稿を棒読みしている印象。

こんな責任感のないことで良いのか
との思いを強くしている。

====

今回の安保法案は、
国民の8割が政府の説明は不十分と言い、
半数以上の方が反対をとなえている。

国会周辺でデモに参加する人は増え、
とくに若者が日に日に増えている。

大多数の憲法学者、複数の元法制局長官が、
政府案は憲法違反、またはその疑いが強いと指摘する。

総理自身も国民の理解が得られていないことを
認識する中での強行採決だ。

なぜこんなに急ぐのか。

それはきっと政府与党が追い込まれているからだろう。

審議をすればするほど、反対が増えるうえ、
内閣の支持率も下がる。

慎重な審議を行うことができない状況に
追い込まれたのだと思う。

====

そもそもこの法案は、憲法違反の法案だ。

本来であれば、国民の過半数の賛成を得て
憲法改正をした上で、
国会に提出すべきものなのだ。

そんな違憲性の強い法案を
同じ土俵で審議できるはずもない。

====

いずれにしても、今後の論戦の舞台は参議院だ。

参院で強行採決をするか、
衆院で三分の二可決をするか、
いずれかの山が待ち構えている。

この山を越えることをさせずに、
何とかして廃案に持ち込まねばならない。

2)核燃料サイクル
核燃料サイクルは、
原発の使用済み核燃料を
再処理してプルトニウムとウランを取り出し、
再び燃料として利用する仕組みだ。

国策といわれる。

この再処理は、総額13兆円余の巨大事業だ。

現在、原子力発電を行う電力会社などが
共同で出資する日本原燃が、
再処理工場などを六ケ所村を中心に準備を進めている。

この再処理工場は、
これまでに22回本格稼働が延期され、
建設費も当初の7,600億円から2.2兆円に膨れ上がり、
その実現が危ぶまれている。

大間原発は、この再処理燃料を全量使用する、
核燃料サイクルの重要施設であり、
再処理工場の竣工もままならないのに
国は積極推進の姿勢だ。

来年4月から電力の自由化がより一段と進むが、
そうなれば、コスト面などから
この核燃料サイクルが維持できない可能性が出てきた。

そこで国は、核燃料サイクル維持のため
新手を検討しているという。

====

現在の再処理費は、
使用済み核燃料の「発生時」に
電力会社が処理費を積み立てている。

これを「発電時」に前倒しして積み立てさせて、
確実に資金確保できる方式が検討されつつある。

また核燃料サイクルへの国の関与を強めるため、
日本原燃を認可法人にするか、
あるいは別の方式によって
事業を監督できる仕組みも検討される。

とにかくどんなにコストが合わなくても、
現政権はなりふり構わない姿勢で、
核燃料サイクルを維持したいようだ。

現在の計画では、
原発50基を前提に
年間800トンの使用済み核燃料の
再処理を予定しているが、
今後の廃炉などで、
この計画の見直しは必至だ。

そうなればこの計画の
前提が崩れることになる。

多くの国が撤退した核燃料サイクルに拘ることに、
日本での発電上の意味を見出すことは難しい。

今日の夕方には帰函する。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
      2015・7・17
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは・・・
    今日は台風と昨日の馬鹿な安倍の挙行によって国民の気持ちは、北海道のこの良い天気とはうらはらな気持ちです。

    安保法案については、多数の与党に対して少数の野党では、絶対に勝ち目はありません。
    よって、これを廃案にする方法をどこに持って行くか、考えるだろうと思っていたら、只、「反対」「やめて」「憲法違反」と叫んでいるだけ、こんなミスボラシイ国会は、見た事無いです。情け無い。

    もっと考えろと言いたい。誰かも言って居りましたが、与党が法案をとうそうとするなら、野党国会議員全員が、議員辞職すると言って、辞表を出すくらいの気持ちを持たなければ、この馬鹿政権を倒して政治を立て直す事は出来ません。
    自民党議員2名だって、反対の議員が「体調不良」を理由に欠席をしている事位御承知ですよね。自民党議員もこの法案の
    本当の意味を知らない。

    今度は、参議院審議です。やってくださいよ。野党議員(衆参議員ですよ)全員、議員辞表を持って。
    そうすると、国民の見る目は変わります。自分の身を捨ててまで国を守る、国民を守る野党だと。
    だから私は、もうすぐ選挙ですよと言って来たのです。

    そして、憲法違反と言う事は、各識者様より出ているのであるから、もっとアッピールする事。

    又、この憲法は、米国より日本が植民地状態の時にあてがわれた憲法と言い、だから、憲法解釈を変えるんだと言っている。これを米国は、どう見ているのか。賛成をしているのであれば、これまた、不思議な事ではありませんか?
    参議院審議開始前にこの辺りを、良く調査の上、議員辞職、及び 審議に臨む。

    安倍総理は、言うだけの人、彼がやると言った事は、全て決まっていない。今になって慌てているのです。
    国立競技場のあの無様な恰好は、世界に大変、恥ずかしい事ですよ。
    世界に顔向けできません。この「アベノミックス」によっての不景気なんだから、オリンピックを返上するべきだと言ってください。「そんな事を出来るわけがない」と言ったらあなたは、今まで何をやってきたんですかと問うて下さい。
    何もしない日本国の安倍総理に。

  2. 核燃料サイクルを進めたいのは現政権といっても、安倍首相らよりも経産省などの官僚や業界(もっとも、少なくとも今の東電や東芝にはそんな余裕は本来ないはずだが)の強い希望なのではないでしょうか。安倍首相が進めたいのは憲法9条を実質的に廃止することであって、権力基盤の維持のため(財界からの政治献金などを含む)の、原発推進なのだと思います。

    民主党政権時代にも、官僚や業界は様々な意見具申を与党議員にしてきたと思います。大飯原発を動かさなければ関西は夏に計画停電に追い込まれる、といった具合に・・・。今となっては、虚偽の内容の脅迫だったと分かりますが、当時は100%停電を避けられるとも言い切れず、野田前首相は官僚らの情報操作の中で再稼動を決めたのだろうと感じます。TPPにしてもしかり。これに入らなければ、日本の輸出業は立ち行かなくなると経産省や外務省は言うのでしょう。でも、当時、日本の輸出業が苦しかったのは超円高だったからで、米国などとFTAを結んでいなかったからではなかった。

    結局のところ、議員や政党が、官僚や業界に対抗できるだけの情報を収集できないと官僚主導国家になってしまうのです。自民党は、霞ヶ関をシンクタンクに長期政権を続けてきたわけですが、米国のように政党系の有力なシンクタンクが民間にないと政党政治は発展しないのではないでしょうか。民主党が再び政権に就くまでに解決すべき課題です。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。