徒然日記

9月23日 その3003 『逢坂誠二の徒然日記』(4647)



2012年12月の安倍政権誕生以降、
安倍総理がどんなに経済などを政策を訴えようとも
彼の真意は安保法制の制定、
特に集団的自衛権の行使にあると感じていた。

それ以降、街頭や様々な会合で、安倍政権の危うさ、
非民主的なやり方などについて繰り返し訴えてきた。

しかし武器の輸出が開始され、
特定秘密保護法が制定された。

そして今回、
集団的自衛権行使容認を含む安保法制が
不確かな参院委員会採決的行為を経て
成立させられた。

それから4日が経過し、
改めて何とも言えない脱力感に襲われている。

しかし今日も複数の方から、
今後、これらの廃止に向けて
何をすべきかとの連絡が入る。

全くその通りだ。

立ち止まっているわけにはいかない。

一日も早く、これらの悪法を廃止できるよう、
特に違憲と指摘の多い安保法制を廃止できるよう、
継続した取り組みを続けねばならない。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・9・23
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です