徒然日記

9月27日 その3007 『逢坂誠二の徒然日記』(4651)



函館は青空の広がる朝だ。

雰囲気は完全に秋。

朝の気温は15度。

1)走り回る
昨日は、函館、北斗、熊石、乙部、
さらに再度、函館を走り回った。

移動距離も長かったが、
密度も濃い一日となった。

特に夕刻からの函館では、
6つの会合が連続したが、
事務所の藤谷くんの機転もあり、
なんとか対応することができた。

その分、夜はぐったりだった。

帰宅後、何とか歯を磨いて、
布団に直行し、熟睡。

目覚めた今から、また活動開始だ。

2)安倍総理
安倍総理が国連総会に出席するという。

安倍総理の動きを見ていると、
国民の意思、思いは全く関係がない活動をしている。

あれほど反対の声があり、違憲と指摘のある安保法制を
海外で説明し、理解を得るという。

総理はどこを見て、仕事をしているのか。

総理はどこの国の行政の長なのか。

全く理解できない。

====

もっと節度を持って、
国民の声に応える必要がある。

それができないなら総理は、
即刻、辞任しなければならない。

もちろん総理に辞任する雰囲気はない。

ならば次の選挙で鉄槌を下さねばならない。

民主党は、国民の皆さんが鉄槌を下すための、
確実な受け皿になる必要がある。

今日は、中秋の名月。

どこでその月を愛でることができるだろうか。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・9・27
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です