徒然日記

12月12日 その1600『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前、今朝の都内は冷え込みましたが、
その分、東の地平線は、見とれるほどの、
美しく輝いてました。

空全体が濃い群青色。

地平線部分だけが、
半熟玉子のような濃いオレンジ色から
金色に変化して行きます。

晩秋から冬、
太平洋側ならではの私の好きな空です。

日中も好天で、
日差しがタップリと降り注くようです。

予想最高気温は24度で、
昼間は日差しの温もりを感じられそうです。

その分、空気が乾燥し、
乾燥肌の私は要注意。

うがいなども必要かもしれません。

====

今日は新聞休刊日です。

デジタル版を配信する
としている新聞社が多いようですが、
発刊日に比べると、
内容はもの足りなく感じます。

1)1600
今日の日記で1600回目となります。

町長時代から、続けている日記ですが、
国会に来てからは、少々勝手が違っています。

町長室日記の読者は、
職員を念頭に置いて書きました。

ところが今は、自分のスタイルも、
あるいは対象読者もちょっと曖昧なまま
1600も回を重ねてしまいました。

その上、町長代以上に生活が不規則となったため、
新聞を読んでから、
朝に集中して書くことがままならなくなっています。

1600回の区切りに、
再度、戦略の練り直しをしなければなりません。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・12・12 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です