徒然日記

11月8日 その3049 『逢坂誠二の徒然日記』(4693)



昨日は、タシケントから列車でサマルカンドに向かう。

タシケント駅は、基本的に撮影禁止。

駅構内には、乗車する人しか入れず、
事前に地元の人も含めパスポートチェックがある。

手荷物検査も厳しい。

数年前にロシアで列車爆破テロがあって以降、
警備が厳重になったという。

予定では所要時間2時間の高速鉄道アフラシャブ号で
サマルカンドに向かうはずだっったがチケットが取れない。

そこで3時間半かかるゆっくりの電車で
車窓の風景を楽しみながら
昼にサマルカンドに到着。

畑や岩だらけの山の風景に見とれながら、
あっという間の三時間半。

特に一人か二人の農民が、
数十頭の羊に群れを連れた遊牧風景を
いたるところで見ることが、それが印象的。

====

サマルカンドは、シルクロードの中心都市として、
紀元前数世紀から栄えていたところ。

空の青さが、サマルカンドブルーとして有名。

昨日も風は冷たいが、空の青さが目に痛い。

街を走る車のほとんどがウズベキスタンの国産車。

終日、市内を歩き回って、
Isuzuのバスとトラックは結構見かけたが、
それ以外、日本の乗用車はトヨタ車一台のみ。

日本企業幹部の訪問はあるようだが、
結構、自主的な路線を歩んでいる姿に好感が持てる。

サマルカンドも多種多少な方々が街を歩き、
ここでも人種のるつぼを実感。

しかしアメリカン人の姿は、ほとんどない。

詳細は省略するが、
ある事案以降、アメリカ人を追い出してから、
アメリカとの付き合いは慎重なのだとか。

逆に韓国とは、シルクロードの時代から付き合いがあったこと、
1991年のソ連からの独立も、早々と認めたこと等もあり、
友好的なのだとか。

一昨日も、韓国からのダイレクトフライトが
5便もウズベキスタンに来たと言っていたし、
ウズベキスタンで商売する韓国系の方も多いという。

やはり国際情勢は、地元に来て、直接、皆さんの話を伺うと、
文献やニュースとは違った感触をつかむことができる。

====

昨日は、夜20時過ぎまで、サマルカンド市内を歩き回り、
宿に到着した途端に、ベッドに倒れこんだ。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・11・8
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です