徒然日記

12月23日 その1610『逢坂誠二の徒然日記』

< !DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">


影の長い冬至の昨日は、
慌ただしい一日でした。

早朝からバタバタし、
日記を書くこともできませんでした。

朝から夜帰宅するまで、
ただの一度もPCを開くこともない状態でした。

こんな一日は珍しいのですが、
師走も大詰めを迎え、
この状態が続く可能性もあります。

====

夜明け前の都内、
雲は少なく日中も晴れるものと思います。

朝の気温は5度程度、
日中は7度程度までしか上がりません。

夜はさらに冷え込んで
2度程度になるようです。

都内も本格的な冬の様相です。

1)大都市制度等WT
昨朝、私が座長を務める
大都市制度等ワーキング・チームの
第一回会合を開催しました。

政令市など大都市制度については、
これまでも様々な課題が指摘され、
それを克服するための
幾つかの提案もなされています。

こうした問題に適確に対応するため
WTが設置されました。

今後、関係団体や
有識者等からのヒアリングを精力的に開始し、
ある一定の考えをまとめる予定です。

大都市問題は、
30次地方制度調査会の
議論テーマにもなっていることからも分かる通り、
日本の自治の長年の大きな課題です。

今日は早朝のうちに函館に移動します。
しかし、北海道は荒れ模様の天候で、
無事に移動できるかどうか、
ちょっと不安な状態です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・12・23 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です