徒然日記

1月23日 その1641『逢坂誠二の徒然日記』



昨夜、
せたな町から函館空港経由で、
都内入りしました。

夜明け前の都内は、曇り、気温は4度程度です。

今日は昼間から冷たい雨が降ることがあり、
夜は雪になる可能性があるとのことです。

市街地でもうっすらと積雪する可能性も指摘され、
交通機関への影響も心配です。

1)新春の集い
昨日は、せたな町で、
福原賢孝道議とともに
「新春の集い」を行いました。

高橋町長、真柄議長など、
町の多くの団体の幹部のみなさんをはじめ
多数の方々に参加頂きました。

私から、
政府を取り巻く状況、
政策の遂行状況、
社会保障と税の一体改革の考え方などについて、
時間をオーバーして話をさせて頂きました。

参加者の皆さんから、
もっと話が聞きたいとか、
政権のやろうとしていることが理解できたなどの
評価の声を多数いただきました。

しかし、党のPRや説明が下手とか、
消費税よりも先に議員定数の削減を
発信すべきとの苦言も頂きました。

もちろん議員定数の削減を先に行うのですが、
こうした苦言は、
そのことが必ずしも理解されていない証拠です。

====


TPPに反対


原子力発電所に反対


郵政改革法案の審議成立

以上のような意見も出されました。

====

多くの皆さんの参加に対して、
心からお礼申し上げます。

2)宝くじ
宝くじの一等賞金は、
1枚当たりの金額の100万倍まで
と定められています。

この上限を250万倍に引き上げる法案が
24日からの通常国会に提案されます。

====

これにより、
年末ジャンボなど1枚300円のくじでは、
上限が3億円から7億5000万円にアップします。

前後賞を合わせれば
最高10億円を超える賞金が実現する可能性もあります。

これは最近、
宝くじの売り上げが低迷気味のため、
それを打破する狙いがあります。

新しい倍率の宝くじの販売は、
2013年度以降を予定しています。

また一方で、賞金は高くないが、
広く多くの方に当たる方向に関しても要望があり、
宝くじの魅力アップのため、
この方向の取り組みも求められています。

宝くじは、
売り上げから
当せん金や販売経費を差し引いた収益金が
地方自治体の財源となり、
各種公的な目的のために使われています。

是非、多くの方にお買い上げ頂きたいものです。

過日、大都市制度等WTに、
維新の会の皆さんにおこし頂き、
意見を伺いました。

そのときの話通り、
今日は私が、大阪に出向き、
松井知事さんらから話を伺うことにしています。

今日は新月です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・1・23 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です