徒然日記

5月4日 その3541『逢坂誠二の徒然日記』(5238 )

昨日、GWの混雑で
飛行機が確保できず帰函できなかった。

逆に今日は、都内で用務があり、
引き続き都内滞在となる。

1)憲法を尊重し擁護する義務

安倍総理は3日、改憲派の集会にビデオメッセージを送った。
その中で、憲法改正のスケジュールに関し、
2020年の施行を目指す方針を明言した。

国民の存在は、どこに行ったのか。

総理の一存で憲法改正の方向性が決まるのか。

空恐ろしい、極めて強い恐怖を感じている。

ビデオメッセージを聞き思うこと記したい。

====

冒頭で、「自民党総裁の安倍晋三です」と述べている。
総理としての発言ではないという前置きか。

これにどのような意味があるのか。

「憲法改正は、自民党の立党以来の党是です。自民党結党者の悲願」

なぜ憲法改正が必要なのか。
自民党にとって、憲法改正をすることそのものが目的なのか。
憲法改正が党是であるにせよ、
全文改正が目的なのか、
一部でも変更されることで党是は達成されるのか、極めて曖昧だ。

単に憲法改正を求める目的がよく分からない。

現行憲法施行以来、70年の年限が経過し、
社会情勢の変化によって
憲法を改正する必要が生じたというならば、
まだ理解できる部分もある。

1955年の自民党結党以来、憲法改正が党是だというならば、
改正の理由は社会情勢の変化などによるものとは思われない。

結党以来の党是だというならば
自民党はそもそも、現行日本国憲法に否定的である、
そう受け止められるが、そのような政党が、
この国の与党を長期間務めていたということなのか。

そんな政党のもとで、健全な立憲主義などは機能しない。

「憲法はたった一字も変わることなく、
施行70年の節目を迎えるに至りました。」

何とも中身のない挑発的な言葉だろうか。

変更する必要がなければ変わっていなくて良いし、
真に変更する必要があれば、
最終的に国民の判断で改正されることだけのことだ。

変わっていないことを、
これほど挑発的に総理たるものが発するとは、
立憲主義を破壊する狂気だ。

「憲法は、国の未来、理想の姿を語るものです。」

憲法は、国民が、総理をはじめとする
権力者に守らせるルールだ。これが憲法の本質。

これまでの発言も含め安倍総理は、これを理解していない。

「私たち国会議員は、この国の未来像について、
憲法改正の発議案を国民に提示するための
「具体的な議論」を始めなければならない」

国会議員が日本の未来像を語ることは、
大変大事なことであり需要。

しかしそれは、憲法議論とは必ずしも一致しない。

「今日、災害救助を含め命懸けで、
24時間365日、領土、領海、領空、
日本人の命を守り抜く、
その任務を果たしている自衛隊」

自衛隊に感謝の念を持つことと憲法議論は別物。

「「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、
何かあれば、命を張って守ってくれ」
というのは、あまりにも無責任」

歴代政府は、自衛隊は合憲と説明してきた。
ならばその立場貫けば良いだけの話。

「2020年を、新しい憲法が
施行される年にしたいと強く願っています」

憲法を擁護し尊重すべき立場の総理が、
期限までも明示して憲法改正を訴えるのは、
憲法違反であり、立憲主義に反する行為。

どの条項をどの時期に変えるかは、
最終的に国民が判断すべきことであり、
その議論は国会に委ねるべき。

安倍総理は、国会議員、自民党総裁、
さらに総理の立場を使い分けているが、
御都合主義も甚だしい。

行政府の長として、
三権分立を確実に守る姿勢が必要。

「憲法改正に向けて、共に頑張りましょう」

こんな発言をすること自体、立憲主義を理解していない。

これほどまでに憲法に対する認識が
ずれている総理のもとでの
憲法改正議論は極めて危険。

「何とかに刃物」という言葉があるが、
まさにそうした状態になっている。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.5.4  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。

    憲法改正、今の憲法のどこが現在の世に不具合が、あるのか国民には、分からない。

    これを、はっきりさせてから、行動にするのが本当ではないか。

    この国の政治家は、言葉遊びが多すぎる。そしてまた、こういう事は国民から出て来て動くのが政治家の役目ではないかと

    思いますが、いかがでしょうか。

    そして安倍総理は、「言い出しっぺ」はするが、行動及び責任は取らず第三者組織をすぐにつくり、他人任せで「自分がやっ

    たやった」と言いたい方ですね。

    国民はそれを見抜いておりますよ。国民を馬鹿にするなと言って欲しい。

    まず、今までの彼にかかわる諸問題を解決してから動いて欲しい。そしてこれは、今までの決め方と違い「決定」は国民投票

    をもって決定するものだと言うようにしなければいけませんね。

    又、これを言うと国会議員は国民の代表だというでしょうが、今ではそうではなくなっているから大変なんですよ。

    それにしても、民進党は、何をしようとしているのか分からない。だから、国民の支持も上がらないんですよ。

    内部的には、お考えなんでしょうが、一度、思い切ってこの国をこう変えて住みやすい国にするんだというくらいの発信を

    されたらいかがでしょうか。頑張ってくれることを祈ります。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です