徒然日記

3月27日 その1704『逢坂誠二の徒然日記』



都内は、明るい朝を迎えた。

散歩をしていても、
やっと若干汗ばむ、そんな天候になってきた。

梅が咲いたり、
ちらほらと花が目につくようにもなっている。

昨夕の西の空は圧巻だった。

木星、月、金星が、
縦一列に勢揃い。

その様子を眺めているだけで、
日ごろのくさくさする気持ちが
吹っ飛ぶようなそんな気がした。

1)がれき処理
がれき処理に関して、
全国で色々な議論が沸き起こっていますが、
東日本大震災のがれき処理に関し、
現時点で、
私は次のように考えている。

====


がれきの処理は、
原則として被災地で行うべき


特に放射能汚染されたがれきについて、
他地域に移動させることによって
汚染が拡散するおそれのあるがれき類は、
なるべく元の場所付近で対応すること


今回のがれき量は、
被災自治体の平年ベースの
年間廃棄物処理能力をこえるものが多く、
自治体によっては数年分から20年分程度と見込まれ、
その全量を被災自治体だけで処理するのは容易ではない


まず被災地で
基準に適合した仮設焼却施設を可能な限り建設し、
被災自治体の廃棄物処理能力を高めること


それと同時に、
処理が可能な被災地外市町村において、
被災地がれきの一部処理の支援を
可能とする仕組みを準備すること


被災地外での廃棄物の処理は、
現行法体系のもとでは、
国や都道府県が命ずる等の強制力を持ち得ないため、
あくまでも被災地外市町村の
任意の判断で行われるべきもの

====

こうしたことを念頭において、
がれき処理問題に対処している。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・3・27 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です