徒然日記

4月10日 その1718『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前、都内はまだ真っ暗だが、
西の空には、大きな月が浮かんでいる。

空には雲がなさそうだが、
多少霞がかかっているのか、
星の輝きは弱い。

都内は、桜が満開だ。

昨日は月曜日であったが、
夕刻には近所の小さな公園でも、
ブルーシート敷いたグループが、
桜の木の下で宴会をしていた。

会社の仲間たちだろうか。

花びらが舞い落ちる中、
賑やかに酒盛りをしている姿を見ると、
羨ましくて仲間に入りたい気分になる。

今日も晴れて、春本番の陽気だという。

気温も20度程度になる見込みだ。

つい先日まで、コートを着ていたのが嘘のようだし、
背広も厚手のものから薄手へと変えても良いくらいだ。

ところが明日は雨・風が強まるらしい。

この時期の気温は油断がならない。

風が強ければ、桜も散り始めるだろう。

花見は、今日くらいが最適かもしれない。

今日も朝から密度の濃い、
日程が予定されている。

また早朝から対応すべきこともあり、
日記はこれで終了だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・4・10 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です