徒然日記

12月25日 その3776『逢坂誠二の徒 然日記』(5473)

昨日午前、札幌での仕事を終えて、
午後には帰函した。
そしてクリスマスにあわせて、東京から友人が来函した。
夜、友人と食事をした後、帰宅したが、何故か急に発熱。
大事をとって、即、床に就いた。
おかげで今朝、熱は下がったが、喉と鼻の炎症が酷い。
今年は部屋の空気乾燥が著しい。
それも喉を痛める要因の一つだろう。
今日は平日だが、午前中は自宅で安静にしていたいと思う。
1)不祥事日本企業の不祥事が相次いでいる。
SUBARUの無資格検査員による検査、神戸製鋼所の検査データ改ざん、三菱自動車による燃費データ改ざん、 日産の無資格検査員の最終検査、タカタの欠陥エアバッグ、東芝の利益水増し不正会計、JR新幹線の台車の亀裂などは、
とおかしなことが頻発している。
あまりに数が多過ぎて多少の不祥事では、大きなニュースにならないほど感覚が麻痺し、慢性状態ともいえる。
なぜこんなことが発生するのだろうか。
他国の状態は分からないが、最近の日本社会には、「今だけ、金だけ、自分だけ」、そんな雰囲気が蔓延している。
これが企業不祥事発生の要因ではないかと思っている。 
企業の現場では、今の利益を重視するあまり、最小限のコストで最大の利益を追求することが極めて大事になっている。
その結果、会社の将来を考えた人材への投資は極力抑制される。
今の利益に直結しない総務や管理部門が外注化される。
だからより人材が育たない。
私が良く利用する私鉄駅のホームには、その会社の正社員の姿はほぼ皆無だ。
ホーム上の安全管理業務を委託された警備会社の職員だけで、ホームという現場を仕切っている。 
列車の運行上、お客様との接点となる最も大事な現場だと思われるホーム上に、その会社の職員がいない。
その現場に正職員を配置するのは収益上非効率なのかもしれない。
しかしそんなことを長年行えば、ホーム上の現場感覚を失ってしまう。
これで列車を運行する企業として、健全性を保つことができるのだろうか。
経営陣も、自分がその職にいる間の 利益のこと、特に株主配当中心主義になっている。
かつて会社組織にとって、お客様は神様であり。
職員は宝だったはずだ。
ところが今、職員は経費であり、同じ仕事をする職員ならば人件費が一円でも安い人材のほうが企業のメリットと考えるようになった。
会社の今や将来を支える人材に投資するよりは、とにかく今、安く効率良く働く人材を求め経費である人件費を切り詰めて、実際には働かない投資家、株主への 利益配分が経営者の最も大きな使命となっている。
企業人材に過去の蓄積あるうちは、こうした経営をしていても何とかなっただろう。
しかし目先の利益や効率性にとらわれずに組織経営を支えてきた人材が払底すると、自分の縦割りの分担だけの責任は全うするが、組織全体の健全性が失われる可能性が高くなる。
お客様は神様であることに変化はないが、儲かっても儲からなくても個人的な親密さで長く顧客と付き合うという商慣習は薄れ、顧客に関する情報はビックデータの一つの構成要素になってしまった。
だから顧客動向も移ろいやすく 会社、顧客双方にとって殺伐とした雰囲気になるのだろう。
====
ちょっと尻切れトンボだが、日本の組織のあり方を根底から見直すべき時期に来ている。
実は政治の世界も同様だ。
いずれこの問題をもっとしっかりと議論したいと思う。今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。 =======   2017.12.25=======

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 日本の組織のあり方を根底から見直すべき時期というのは全く同感です。
    学校ではブラック部活、進学ではブラック奨学金、就職ではブラック企業が横行し、国会では黒塗りの情報しか開示できないブラック内閣による中身のわからない閣議決定がされている。そんな中での立憲民主党の立ち上げは暗闇に光が差すような明るいニュースでした。

    体の調子が悪いのは、ゆっくり休養する時間が必要だという体のサインだと思います。エアコンは乾燥するので、加湿器もあったほうが喉にはいいですよ。

  2. おおさか議員の活動に期待しています。つきましては、以下の私(藤原節男)のキャンペーンをお読みください。そして、ご賛同をよろしくお願い致します。また、大拡散をよろしくお願い致します。
    ———————————–
    ☆藤原 節男(原子力ドンキホーテ、原子力公益通報者)のキャンペーン
    ◎原子力公益通報および「原子力ドンキホーテ」単行本全文掲載⇒ http://goo.gl/ovNnlY

    ◎大阪大学「報道の自由とは何か」講演会( 2016年9月13日)第一部:藤原節男「原発報道の虚偽と真実」映像⇒ https://goo.gl/qfYCjz
    藤原節男「原発報道の虚偽と真実」資料⇒ http://goo.gl/zFH8cm
     2016年9月13日、岸井成格講演会「報道の自由とは何か」が大阪大学学生会館にて開催され、第一部として、藤原節男が講演「原発報道の虚偽と真実」を行った。講演では「言論の自由」と「報道の自由」が、民主主義の両輪であること、また、福島3号機で核爆発があり、広島、長崎に次ぐ原子爆弾であったこと、原発が原爆になったことが、一切、報道されていないと訴えた。

    【藤原節男講演の主旨】
    ★日本国憲法第二十一条
    • 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
    • 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
    ★日本国憲法第十二条
    • この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。
    • 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
    ★憲法では、言論の自由、表現(報道)の自由を謳っている。「言論の自由」と「報道の自由」が民主主義の両輪。これは、国民が、不断の努力で勝ち取るもの。裁判官にゆだねてはいけない。
    ★「言論の自由」とは、権力の不正を告発、通報する自由であり、「報道の自由」とは、告発、通報された権力の不正を広く国民に知らせる自由。
    ★公益通報(内部告発)は、憲法21条「言論の自由」の根幹、しかし、保障されていない。権力は、公益通報者を黙殺、排除する。組織改革(是正処置)を実施しない。

    ◎ウィキペディア「科学的方法」⇒ https://goo.gl/aTrdFX
     科学的な方法の古典的な基本は、17世紀にデカルトが『方法序説』で示した以下の原則である。

    ★明瞭判明の規則:明らかに真理と認められたものだけを判断の基準とする。
    ★要素分解:解決可能な要素に分解して考察する。
    ★具体から抽象へ:単純なものから複雑なものへと順番に認識をすすめる。
    ★総合:見落としがないことを十分に確かめて、完全な列挙と再構成により全体を再構成する。

     映像証拠こそ、「明らかに真理と認められたもの」であり、映像証拠を判断の基準とすることが、科学的な方法である。

    ◎映像証拠キャンペーンについて:
     NHKドキュメンタリ番組「映像の世紀」でも明らかなように、映像証拠が真実を語り、世界を動かします。映像証拠を見ないと、だまされます。「沈黙の羊たち」になってしまいます。みなさん、ぜひとも、映像証拠をごらんください。真実を知ってください。ぜひとも、以下の【映像証拠キャンペーン】に賛同署名ください。大拡散してください。みなさんの一人一人が、世界を動かします。「民」という字の語源は「目を針で突いて目を見えなくした奴隷」⇒ https://goo.gl/D8F9eB
    自灯明、法灯明⇒ http://www.jyofukuji.com/10zengo/2011/01.htm

    【映像証拠キャンペーン】最高裁は、アメリカにお伺いを立てる裁判方針を止めてください。また、裁判官人事操作による日本中の裁判官統制、裏金作りを止めてください。⇒ https://goo.gl/ZHLA2m

    【映像証拠キャンペーン】福島3号核爆発⇒ https://goo.gl/ji6Wlh
     福島3号爆発は、チェルノブイリ爆発と同じ核爆発。設計ミスによる原子炉格納容器外の核爆弾、使用済燃料プールでの核爆弾。原発が原爆になった。広島、長崎に次ぐ原子爆弾。「福島3号核爆弾の論拠集および証拠集(word版)」は、次のURL⇒ https://goo.gl/3pfXBF
    映像証拠は、以下のURLです。

    (1)【映像証拠】仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」 Part3/4⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nwqg

    (2)【映像証拠】福島3号核爆発の新証拠、セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
     空中水蒸気が温度低下で凝縮し、表面張力で真球の水滴となり、虹ができると同様、核燃料が核爆発でガス化、プラズマ化して、爆発後は、断熱膨張で内部温度が下がり凝縮し、表面張力で真球のセシウムホットボールができたと考えるのが自然です。真球のセシウムホットボールは、核爆発以外では生じない。

    (3)【映像証拠】福島3号核爆弾の証拠集⇒ http://www.dailymotion.com/video/x41nzc3

    【映像証拠キャンペーン】市民が目指す司法改革:映画「日独裁判官物語」⇒ https://www.youtube.com/watch?v=FLbp39nxlw4&t=34s 
    https://goo.gl/wdW696

    【映像証拠キャンペーン】憲法上、原子爆弾だって問題ない。ワイマール憲法から学ぶ自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ⇒ https://goo.gl/zOcQTq ⇒ http://goo.gl/CfVS7M

     次の関連キャンペーンも賛同署名よろしくお願い致します。

    【キャンペーン】オリバー・ストーンと語る 核兵器廃絶⇒ https://goo.gl/IT07aT

    【キャンペーン】自民党改憲案21条2項は、現憲法の「言論の自由」を否定。98条、99条(緊急事態条項)は、人権侵害。⇒ https://goo.gl/8lahkN

    【キャンペーン】安保法制違憲訴訟の原告に加わりませんか⇒ http://sogakari.com/?p=1331

    【キャンペーン】戦争法の廃止を求める統一署名⇒ https://goo.gl/HFyTR7

    【キャンペーン】川内原発を止めてください⇒ https://goo.gl/YNyj9P

    【キャンペーン】集団的自衛権を容認する解釈改憲に反対/戦争を助長する武器輸出に反対⇒ http://goo.gl/ydpXTf

    【キャンペーン】集団的自衛権という罠に嵌ってしまった時代錯誤の政治家達!!⇒ https://goo.gl/HZ71gY

    【キャンペーン】秘密保護法廃止⇒ http://goo.gl/m11Zng

    【キャンペーン】 さようなら原発1000万人アクション ⇒ http://chn.ge/1k7Mra5

    【キャンペーン】原子力公益通報⇒ http://goo.gl/oZyN6M ⇒ https://goo.gl/fQqacA
     2011年3月8日、いつまでも公益通報を記事にしない経産省記者クラブの記者たちに、藤原節男は「このまま公益通報を記事にしないで、無視している状態が続けば、明日にでもチェルノブイリ級の大事故が生じる。すぐに記事にしてください」と警告メールを送った。東日本大震災、そして福島原発事故が発生したのは、その3日後、3月11日のことだった。福島3号核爆発は、まさに原子力公益通報[泊3号減速材温度係数測定検査]と同じ原理であった。福島原発事故は、天災や想定外の事故ではなく、東電の規制基準違反、業務上過失の事故である。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です