徒然日記

18年4月4日 その3876『逢坂誠二の徒然日記』(5573)

今朝は、花粉アレルギーが再発だ。

目、鼻、喉の炎症が酷い。

昨日は、少し治ったように思ったが、
今朝は、この間、もっとも酷い状態だ。

1)改ざん隠ぺい内閣

安倍政権の出鱈目ぶりはとどまるところを知らない。

政府が存在しないとしていた
陸上自衛隊のイラク派遣時の日報がまた見つかった。

イラクへ派遣は、
戦地への派遣ではないかとの懸念があった。

そのため日々の日報は重要なものだが、
政府はそれは存在しないとしていた。

ところが今回、発見された。

ジャングルでいつ落としたか分からない
10円玉を探しているわけではない。

先進国、文書主義、民主主義国と言われる日本。

その国のエリートが集まっているといわれる役所で、
ルールに定められた公文書を探している。

こんな単純なことなのだが、政府は無いと言い張る。

まことに馬鹿げている。

そして今回、文書があったという。

一体、日本の政府は、どんな文書管理をしているのか。

いや管理の問題ではない可能性が高い。

隠ぺいすること、これが大きな目的なのだろう。

南スーダンの日報、加計問題、森友問題、裁量労働制など、
いずれも公文書、情報の改ざん隠ぺいが問題の中心だ。

民主主義の原動力は情報だ。

情報を改ざんし、隠ぺいすれば民主主義は窒息する。

こんな問題が頻発し、安倍内閣はその再発が防止できない。

防止できないのは、
意図的に行なっているからではないか。

安倍内閣は、改ざん隠ぺい内閣であり。
民主主義破壊内閣だ。

====

昨日、近所の駅の梁で、二羽のツバメを見た。

昨年も巣を作った場所だ。

今年も帰ってきたのだろう。

国会の状況は酷いが、
ツバメを見てちょっとホッとしている。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==  2018.4.4  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂さん、こんばんは。
    花粉症大変ですね、お大事に。
    ところで、もはや安倍政権は隠蔽、改竄内閣ですね。
    今度はイラクに派遣された陸自の日報が今頃出てきた。
    シビリアンコントロールもまともに出来ない政権が改憲なんて、ましてや9条に手を付けるなんて以ての外です。
    疑惑の発生源なのだから、責任を取って退陣するのが世間の常識なんですが、安倍政権は非常識政権です!

  2. 花粉症の症状が酷くて動画とれないのかと心配していたところ
    今日は久しぶりにリアルタイムで動く逢坂先生を拝見できてラッキーでした。
    ちょっと涙目でしたが、想像したよりも元気そうで安心しました。
    嘘つき政権のつじつま合わせに文書の隠ぺい、改ざん、虚偽答弁という
    デタラメ内閣の大臣は国内外で足蹴にされているようですね。
    とっとと総辞職すればいいのに全く往生際の悪い内閣ですね。
    民進と希望は 旧民進党の夢をいまだにみている感じがします。
    立憲が新しいステージに立って動いているのを理解できていないようです。
    国民の方が理解できていると思います。
    それにしても、逢坂先生の女性ファンが多くなってきているようで何だか心配です。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です