徒然日記

18年4月27日 その3899『逢坂誠二 の徒然日記』(5596)

改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽答弁などの事態に対し、
安倍総理は、正面から向き合って
きちんとした対応をするつもりはない。
言葉では色々と言うが、具体的な行動は伴っていない。

適切な情報がない中で、
日本の民主主義は危機的な状況に陥っているが、
安倍総理には、真の反省も、危機感もない。

本当に危うい状態だ。

今日、南北朝鮮の首脳会談が行われる。

どんなことになるのか
その内容に世界の注目が集まる。

1 )カレル・チャペック

自分の庭にしゃがむがいい。そのほうが
わたしの目にうつる春のながめは、かえって大きい。
立ちどまればいいのだ。そうすれば、
ひらいた唇としのびやかなまなざし、
やわらかな指とさしのべた腕、
生まれたもの弱々しさと、
生きようとする意思の不敵なひらめきを
諸君は見るだろう。
そして、そのとき諸君の目に、はてしなくつづく
芽の行進のどよめきが、かすかにきこえるだろう。

====

カレル・チャペック
という方の詩をご紹介頂いた。

立ちどまれば見えるものもある。
それは確かにそうだ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.4.27==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 右でも左でもなく世界は愛によって動いていると思うような出来事が今日、ありました。
    嘘ばかりついて生きてきた人は全く相手にされず、蚊帳の外におかれているのに、相変わらず現実に向き合おうとはせず、何やら負け惜しみを繰り返しているようで情けない限りです。
    明日は朝から松山市議会議員候補ひがき良太さんの選挙応援のお手伝いです。明日が最終日になります。お金がなくても、熱い志を持った若者が政治に参加できるようにしていかなければいけないと、おばさんは思うわけです。何とか当選してほしいです。
    ひがき候補の自転車の後ろから車で福山幹事長が応援演説をしている動画がフェイスブックにアップされているのですが、これは笑えます。
    逢坂先生は今日は修学旅行生の国会案内をしていましたね。中学生の時に本物の政治家に会って国会で話を聞けるという経験は貴重な経験になると思います。動画をみましたが、シャイでかわいい中学生たちでしたね。これからが楽しみですね。
    それでは、もう寝ます。おやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です