徒然日記

18年9月22日 その4047『逢坂誠二 の徒然日記』(5744)

沖縄知事選挙に出馬している
玉城デニーさんの応援のため、
昨日は終日、那覇を中心に活動をした。

デニーさんとは、
私がニセコ町長時代、
彼がラジオのDJをしている頃からの付き合い。

しかも同年生まれだ。

沖縄で行われた自治の勉強会での
懇親会が始めての出会いになるだろうか。

あれ以来、20年近くの時間が経過した。

その後、デニーさんはDJから沖縄市議に、
そして2009年からは、
同じ民主党の衆議院議員として
仕事をさせて頂いた。

最近の国会では、
自由党の国会対策委員長として活躍していた。

デニーさんの人柄、実力は
多くの人が知るところだ。

国会の野党協議が難航すると、
みんなを和ませる
ウィットに富む発言をするなど、
全体状況を俯瞰しつつ
落ち着いた行動をしていたのが印象的だ。

今回の知事選は、翁長知事の急逝を受け、
選挙直前の出馬表明となった。

翁長知事の思いを引き継いで、
基地問題や沖縄県の振興のため、
確実な勝利を勝ち取って頂きたいと思う。

国に隷属する自治ではなく、
沖縄の自己決定権と人権を大切にした
県政実現のため全力を尽くして頂きたい。

今日は沖縄から帰函し、
夜には地元活動となる。

さあ今日も
ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.22==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 長旅で大変ですね。
    デニーさんの健闘を祈ります。
    沖縄の状況はいかがでしたでしょうか。

    北海道にもナイチという言い方がありますが、沖縄のナイチャーとは込められた意味が違うのでしょうね。

  2. 逢坂先生とデニーさんは長いお付き合いなのですね。
    類は友を呼ぶという言葉を思い出しました。

    ツイッターで昨年、逢坂先生が無所属での出馬を表明した時の映像が流れてきました。考えるすきを与えないような突然の事で、状況も定まらない中、自分の立ち位置を見失わずに、前へ進もうとする意志が感じられ、それが本当にかっこいいと思いました。

    逢坂クラスタが生まれるのも当然のことだと思います。
    私は逢坂先生の魅力に多くの人が気づいて応援していることはとても素晴らしいことだと思っています。
    これからもブレずに曲げずに進んでいっていただきたいと思います。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です