徒然日記

18年9月24日 その4049『逢坂誠二 の徒然日記』(5746)

昨日は、早朝から午後7時頃まで、
地元精一杯歩き回ったが、
まだまだ歩き足りない。

今日の屋外での活動開始は、
いつもよりちょっと遅めのため、
久しぶりに五稜郭公園で
軽いジョギングをした。

ちょっと肌寒さを感ずる公園は
夏の喧騒も過ぎ、
ランニングされる皆さんも少ない。

今日は堀の内側の土手上の遊歩道を走ったが、
外堀のコースと違いすれ違う方は一人もいない。

秋の雰囲気を感ずる。

今日は中秋の名月だが、
雲の多い1日になる見込みだ。

今日も終日、函館市内での活動だ。

さあ今日も
ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.24==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 近くに景観のきれいな公園があるのはいいですね。
    私の家の目の前には笠松山という標高350m程の山があります。
    国立公園に指定されている山なのですが、10年前に山火事が発生しました。地元消防団と自衛隊のおかげで住宅への被害はありませんでしたが、山火事は1か所消したと思っても風によって火の粉が飛ばされ、多発的に炎が発生し、一向に鎮火する気配がありませんでした。3日後に小雨がパラパラと降り、ようやく火は収まりました。
    しかし山火事の後遺症で笠松山は木のない禿山となってしまいました。セザンヌの絵のようだと思ってはみても、木のない山というのは寂しく、殺伐とした感じがします。
    10年経った今はようやく植えた木が育ち、緑に覆われてきています。
    今ではハイキングコースが整備されているようですが私はまだハイキングをしたことがありません。

    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です