徒然日記

20年2月29日 その4572『逢坂誠二 の徒然日記』(6269)

一昨日、総理が、突如として3月2日から
全国の小中高校及び特別支援学校の
臨時休業を要請すると発表しました。

感染防止のために、
あらゆる対策を検討しなければなりませんが、
学年末で、重要な卒業式や受験を控えるなかでの、
あまりに唐突な発表に現場は大きく混乱しています。

昨日、文部科学省は総理が発表した
一斉臨時休業に関する詳細通知を全国に発出しましたが、
現場の混乱はさらに増しています。

専門家の意見を聞いたのか、
どんな議論をして決定したのか、
様々な懸念への対策を検討したのか、
意思決定過程の全く見えない今回の決定です。

北海道の緊急事態宣言も同様です。

日本が独裁国家の様相を呈しています。

こうした事態を受け、共同会派の対策本部として
文科大臣に以下の申し入れを行ないました。
 
1. 
この決定に至った経緯、理由、法的根拠を明確にして総理自ら国民に説明すること。

2. 
共働き家庭、ひとり親家庭などをはじめ、病院・高齢者福祉施設勤務など、親が仕事で家を離れざるを得ない世帯への支援を十分に行うこと。

3.
  臨時休業により仕事を休まざるを得ないことによって収入減となる世帯への支援を休業補償等により十分に行うこと。

4.
 受け入れを続ける学童保育、保育所、幼稚園、こども園などでの感染防止に資する環境改善のための物資の確保と予算措置を行うこと。  

5. 
入学試験については、受験機会の剥奪とならぬよう最大限の配慮を行うこと。

6. 
教育課程が終了しない場合などの成績評価や卒業、進級の取り扱いを明らかにすること。

7. 
休業によって発生する損失(給食のキャンセルなど)については、国の責任で補償すること。

8. 
前例のない一斉休業の要請に伴い生ずる様々な自治体現場の実態を十分に把握し、自治体の要望も踏まえて政府は責任ある対応を行うこと。
 
====
とにかく与野党政府の立場をこえて、
全力で対応しなければなりません。

その一方で、またしても麻生財務大臣が、
共働き家庭などで生じる学童保育などの
費用負担について質問した記者に対し、
「つまんないこと聞くねえ」と発言しました。

記者は「国民の関心事ですよ」と返しましたが、
麻生大臣は「上から(上司から)言われて聞いているの?可哀そうにねえ」
と反論しました。

独裁総理のもとで、

側近大臣も壊れています。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2020.2.29===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂さん、貴方ならこんな事を言われたら国民はどうするか十分にわかるでしょう。
    自治体の長をして来た方なら国が何を言おうとのめるものとのめないものがある事は十分に心しているものです。

    あの方は、私がいつも言ってるように馬鹿な「ひらめき(思いつき)」で動き後で大変な理由付けをして国民を困らせるんですよ。今回もやはり出ましたね。
    あの方は、自発的に国民の考えを感じて表現するのではなく横耳で聞いた事、ちらっと見た時に頭に浮かんだことをすぐに口に出してやらせようとするから、役人が困惑してしっぱいし、問題を起こす。常時こんな事ばかりしておりますよね。自分で経験がない、又、経験をして見ようと言う気持ちもない。要するに国民の生活、心を分かっていない。
    そして失敗すると役人のせいにして逃げる。今回もそんな事になると思いますよ。
    国民の事を考える方なら今頃何を言っているんだと怒りつけてやれば良い。
    本当にいくら総理といえどそれ位の事をしてばっちりと怒りつける事をしないと目が覚めないんですよ。
    何か国民民主党の党首にちょっかいを出して教えて欲しいと言って色々と聞いているらしいが、はっきり言って何を今頃と言う気持ちです。
    子供がウイルスをばらまいているとでも言っているように私には聞こえます。
    よっぽど、大の大人の方が、外で常識の無い事をしてばらまいているのでしょう。
    毎晩、飲み会に出ている安部さん、それを取り巻いている子分たち。
    私が思うにもし反社の人が罹病した場合にどう対処すの野でしょうか。聞いて見て下さい。まあ、あちらの方達の方が良い知識を持っているでしょうがね。
    安部さんに行って下さい。行動の全てを自粛しろと言って下さい。国民が、可哀そうです。 さあ、これから選挙です。頑張って何の役にも立たない自民党を壊して逢坂さん達が政治をしなければこの国は崩壊です。それから国民民主党党首に今の維新の二の舞を踏まぬようにきつく言って下さい。絶対そうなりますから。

  2. かわいそうなのは麻生氏の脳みそです。(本当はこの怒りをどこに拡散すればいいのかネットで探している状態ですが逢坂さんのHPを私のレベルに合わせて下品にするわけにはいかないのでごく基本的で皆が認識しなければいけない客観的事実だけを述べさせていただきます。)

  3. 総理の発表も、道知事の緊急事態宣言も、昔話の「おふれ」のように感じました。

    > 1.
    この決定に至った経緯、理由、法的根拠を明確にして総理自ら国民に説明すること。

    経緯、理由が必要なのは私にも分かりますが、法的根拠が緊急時であっても必要なのは人権擁護などの観点からなのでしょうか。インフルエンザ特措法を適用する、しないでどんな違いがあるのか、などちょっと難しいです。

  4. 総理も大臣も普通の生活をされた事がないから、国民の事なんて全くわかってないんいですよね。被災地に行ったって手伝った事ないから、どんなに大変な事かわからないし。コロナだって実際、豪華客船に行ったり病院に行ったりして乗っている人の声や患者さんの声を聞いたりしないし。現場を見ないとわからないのに指示を出せるわけがない。要請してそれぞれに任せるっていうのは何かあったら責任をとらせようとしてるだけ。自分が責任を取るって言って今まで責任とった事ないのに、どう責任をとるか言ってほしい。拡大したら総理辞任するって言ってほしい。
    入院されている患者さんが相部屋で部屋にトイレがあって他の人がトイレで咳をしているってテレビで言ってました。治る人も治りません。治ってもまた感染して退院されて再発しますよね。患者さんは個室で治療されているのか知りたいです。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です