徒然日記

20年4月30日 その4633『逢坂誠二 の徒然日記』(6330)

昨日は祝日でしたが、
国会で補正予算案の審議を行い、
衆院で可決しました。

午後には参院で審議が始まり、
今日、補正予算と関連法案が成立する見込みです。

====
政府は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく
「緊急事態宣言」の期間を延長する方向で検討に入ったとのことです。

5月6日までの期間を 1カ月前後延ばす見通しでです。

明後日5月1 日に専門家会議が開かれる見込みです。

その後、政府与野党連絡協議会も開かれる予定です。

緊急事態宣言延長の判断は、
学校再開の判断に関わるため、
6日よりも前になると思われます。

北海道は感染者数が伸びています。

感染の高い地域から低い地域への
人の移動が増えることも想定されますので、
全国一律の延長が基本になると思いますが、
最終的に政府がどう判断するかはまだ未定です。

また人と人の接触8割削減は非常に分かり難い目標です。

今後は、もう少し明確にする必要があります。

緊急事態の期間が長引くことになれば、
国民生活や児童生徒などへの影響、
景気悪化などがさらに懸念されます。

補正予算は成立しますが、我々が指摘している通り、
追加の対策を確実に実施しなければなりません。

====
今日の夜、BS日テレ「深層News」(22:00~23:00)に出演します。

テーマは「延長か終了か 緊急事態宣言の行方」です。

是非ご視聴ください。

https://www.bs4.jp/shinsou/

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.4.30===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 「深層News」出演お疲れ様でした。わかりやすい説明をありがとうございました。
    「政府は感染の実態が把握できてない。
    接触8割減は概念としては理解できる。が、何をすれば良いか?数字明確だか具体性ない」は、その通りだと思います。
    海外では三密でも8割減でもなく「2メートル」離れろ、と言うようですし、また感染実態については必ず数値があげられますが、安倍さんはそのような根拠となる数字を曖昧にしたまま対策をうっているようで、怖いです。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です