徒然日記

20年10月24日 その4810『逢坂誠二 の徒然日記』(6507)

函館の朝の気温は8度です。

日中も12度程度までしか上がりませんが、
雲が少な目の晴れの1日になる見込みです。

昨日は霜降でしたが、
寒いのが当たり前の時期になります。

寒さが募るからというわけではないでしょうが、
コロナ禍の中で生活の苦しさを訴える意見が日々届きます。

====
*Go Toで旅行に行けるのは、お金のある人たち
*生活が厳しい者には関係ない
*10万円給付は壊れたストーブの修理に使った
====

こんな声が届きます。

GoToなどで多少客が戻ったとの声もあります。

一方、個人のレベルでは、
GoToと全く無縁の方も多くおり、
あれは金持ちのための政策だとの声も多数あります。

生活が苦しくなっているとの声が増えています。

年末に向けて住宅確保給付金や
緊急小口貸付をはじめとする、
個人向け対策の見直しと強化が必須です。

コロナ対策は、今も待ったなしです。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.10.24===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. コロナ禍で、多くの国民の生活は、悲惨を極めていると思います。農業支援も、制度設計が杜撰過ぎました。安部晋三は、臨時国会の開催にも応じず、とんずらを計った!菅首相は、初心表明演説も行わず、今日に至る。あの10兆円の予備費は、どうなったんだ?出鱈目にもほどがある!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です