徒然日記

20年11月26日 その4843『逢坂誠二 の徒然日記』(6540)

昨日、衆参、それぞれで
3時間の予算委が行われました。

総理は何も答えません。

日本語が通じない窒息するような、
絶望的な状態です。

====
森友、加計、桜を見る会、
日本学術会議問題などによって、
日本の基盤がどんどん壊れて行きます。

安倍内閣、菅内閣の対応は常軌を逸しています。

公文書の改竄、廃棄、捏造、隠蔽、
これはもってのほかですが、
予算委員会での答弁も出鱈目です。

森友問題に関しては、
事実と異なる国会答弁が2017~18年に、
計139回もあったことが、
衆議院調査室によって明らかになっています。

学術会議問題も、
過去の国会答弁に反することを行なっても
人事に関すること、
この一点張りで答弁拒否が続きます。

加計問題も、一向に議事録が公開されません。

桜を見る会も、
国会答弁と真逆の事実が判明したにも関わらず、
捜査中を理由に答弁拒否を続けます。

こんなことなら国会審議が成り立ちません。

菅総理には良心や誠実さ、
そして民主主義などの概念はないのかもしれません。

====

防衛、外交、経済、少子化、エネルギー、
地域振興、教育、医療福祉、一次産業などなど、
議論しなければならないことが山積しています。

しかし議論の基盤が壊れてしまっては、
何を話しても意味のないものになってしまいます。

破壊された言論の基盤を取り戻すには、
相当な年月を要します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.11.26===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です