徒然日記

20年12月31日 その4878『逢坂誠二 の徒然日記』(6575)

2020年も大晦日となりました。

今年の元旦、私は次のようなことに言及していました。

====


北海道・北東北の縄文遺跡の世界遺産登録


避難計画と大間原発建設凍結


温暖化防止対策と自然エネルギーへの転換


人口減少対策


1次産業を守り発展させることは、
食料を確保するだけではなく、
地域の環境を向上させ、
私たちの生きる基盤を強化し、
2次産業、3次産業の発展にもプラスに。
農林水産業の振興に全力を注ぐ


若松地区クルーズ船埠頭、
高速道路の整備などを急ぐ。
災害に強く利便性の高い社会基盤整備を進める


安倍政権下で壊されてしまった立憲主義を元に戻す。
公文書管理をはじめとする民主主義の基礎も再構築

====

このようなことに言及しましたが、
今は、コロナ禍という、年初には想像もしなかった
未曾有の事態の真っ只中におります。

コロナ対策に全力投球した一年でした。

コロナ禍は明日から始まる新年も続きます。

一方、縄文遺跡群の世界遺産登録も
避難計画が策定できない原発問題も
高速道路の整備も
私が年初に想定した方向で
取り組みが進んでいることに安堵しています。

しかし菅政権になってからも、
安倍政権同様、国会対応は最悪です。

国会を開かない、国会答弁は出鱈目、
こんな状態が相変わらず続いています。

こうした政府政治家の姿勢が、
最近は官僚にまで及んでいる印象です。

安倍政権の大きな負の遺産の深刻さを感じています。

以前も書きました。

この状態を脱するには、相当の時間を要しますが、
何としても健全な民主主義、
健全な国会を取り戻さねばなりません。

====
今年の大晦日は、コロナ感染にも配慮し、
例年の深夜からの外での活動は自粛します。

その分という訳ではありませんが、
今日の深夜0時30分から翌朝5時50分まで、
「朝まで生テレビ!」に出演します。

https://www.tv-asahi.co.jp/asanama/contents/theme/cur/

この生放送は、早起き習慣の私にとって、
極めて厳しい時間帯ですが、
今日の昼間、仮眠をとるなどによって
体調を調整しつつ番組に臨みます。

今日は、落ち着いてこの一年を振りかえり、
来年を展望したいと思います。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.12.31===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です