徒然日記

21年7月22日 その5081『逢坂誠二 の徒然日記』(6778)

昨日、帰函後、松前に移動し、
今日は朝から松前で活動を開始します。

日の出頃の松前の気温は22度程度、
宿の窓から爽やかな風が吹き込んでいます。

日中は29度程度にまで上がる見込みです。

1)安心安全の五輪

昨日から東京五輪の競技が始まりました。

菅総理は、米紙のインタビューで次の発言をしました。


(五輪を)やめることは一番簡単なこと、楽なこと。挑戦するのが政府の役割


感染者数なども海外と比べると1桁以上と言ってもいいぐらい少ない。
ワクチンも進んで、感染対策を厳しくやっているので、環境はそろっている


競技が始まって国民がテレビで観戦すれば考えも変わる

====

この総理の考えを読んで愕然としています。

総理が五輪を開催したい気持ちは理解します。

しかし日本の感染状況は世界と比較して、
良いと言える状況と言えるのでしょうか。

総理が環境がそろっているというのは、
何を意味しているのでしょうか。

五輪を開催する環境なのでしょうか。

====

東京の昨日の新規感染者数は1832人、
1週間前から683人の増加!!

緊急事態宣言下にも関わらず、
加速度的に感染者が増えています。

4度目の緊急事態宣言入りは 7月12日です。

それ以来10日が経過し、
緊急事態宣言の効果が出始める時期ですが、

その兆候はありません。

今の感染拡大のペースは第3波を上回っています。

====

コロナ感染によって自宅などで亡くなった人は、
去年3月から今年4月までに全国で少なくとも403人おります。

これらの方々の多くは、
必要な医療を十分に受けられずに亡くなっています。

昨日の時点で、東京都と沖縄県の重症者病床使用率が
ステージ4の目安となる50%以上になっています。

再度、必要な医療が受けられない医療崩壊が懸念される状態です。

これで何の環境が整っているのでしょうか。

====

どんなに感染が広がろうと医療が崩壊しようとも、テレビで五輪観戦すれば、
国民はこの厳しい感染状況を忘れるとでも言いたいのでしょうか。

菅総理の発言は、日頃の国会答弁、記者会見同様、
あまりにも現実を見ない不誠実なものです。

今日から4連休です。

私は、歩く歩く聞く聞く、地元活動に専念します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.22===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です