徒然日記

21年10月10日 その5161『逢坂誠二の徒然日記』(6858)

夜明け前の函館は雲の多い空です。

雨は降っていませんが、朝焼けがなく、
徐々に空全体が明るくなる雰囲気です。

今の気温は13度、日中は23度程度の見込みです。

1)ホームページ

私のホームページをリニューアルしました。

ohsaka.jp/

最近は、HPを閲覧されるよりもSNSを活用される方が多いと思います。

しかしやはりHPも重要なものです。

ぜひこちらもご覧頂ければと思います。

またさらに近日中にバージョアップを予定しております。

2)歩く歩く聞く聞く

昨日も、地域の商店街を歩いて色々な意見を伺っています。

話を聞くことが出発点です。

それ無しに、キチンとした政策は立案できません。

魚屋のご主人:
緊急事態宣言が解除されても客足は戻らない。
飲食店は休んでいても協力金が出る。
魚屋は休んでも支援はない。
対策を講ずるべきだ。

食品販売店の奥様:
無料の検査をなぜ実施しないのか。
検査を頻繁に行えば少しでも安心して経済活動ができる。

木工芸店のご主人:
福島原発の汚染水放流は反対。
泊周辺の癌発症率など正しい情報を出すべき。

飲食店のご主人:
緊急事態が解除されたが客は戻らない。
皆さんに自粛癖がついたのかもしれない。

昨日は、単にニュースを配布するだけではなく、
一部随分と踏み込んだやり取りもあり、
ゆっくり歩くことの効果を実感しております。

3)悩み

今さらのことではないのですが、近年の私の悩みです。

国民全体にとって幸せな経済政策を実施すれば株価が下がる傾向がある

株主にとって都合が良い経済政策を実施すれば株価が上がる傾向がある

この両方の経済政策は残念ながら同じものでありません。

株価が高い方が良いのですが、
それを維持すれば個々人の格差が拡大する傾向があります。

この悩みの中で、どう政策を打ち出すべきか、相当な慎重さが必要です。

いずれこのことも詳しく言及する日が来るかもしれません。

今日も地元を歩きます。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.10.10===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 冠省、
    毎日毎日、欠かすことなくメールを発信しておられることに敬意を表します。「継続は力なり」と言いますが、そんな言葉では言い表せないほど、逢坂さんの強い意思を感じます。歩く、聞くもただただ敬意意外に言葉がありません。
    ひるがえって、立憲民主党はなぜ自民党の失政の連続にも拘らず、支持率が上がらないのでしょう。まったく分かりません。
    私の住んでいる滋賀県では、立憲民主党は休眠しているのではないか、と思えるほど情報の発信がありません。パートナーとして切磋扼腕、何度も役員に意見を具申しますが、まったく反応なし。第3区では衆院選の候補者も立てられないほどの体たらく。ほとほと愛想が尽きています。中央で枝野さんや逢坂さんがボトムアップを叫んでも、地方組織がそれに付いていってないのが現状です。来るべき衆院選でせめて現議席の大幅アップを期すべき方策を教えてください。

  2. こんにちは。

    逢坂さん、日記の活字ですが、明朝体は読みずらいです。
    游ゴチック、メイリオ辺りがお勧めですよ。
    この投稿欄のフォントがメイリオでしょうか。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です