徒然日記

21年11月1日 その5183『逢坂誠二の徒然日記』(6880)

昨夜は、道連会長として札幌で開票状況を見守りました。

そのため今朝は、札幌にいます。

最終結果が出たのは午前4時前。

完全な徹夜となり、そのままこの日記を書いています。

私自身は、何とか5回目の当選させて頂くことが出来ました。

しかし、北海道も全国も議席を減らす大変厳しい結果となりました。

今回の敗因の分析を行い、今後、我々が何をすべきか、再構築しなければなりません。

今日は、8時から道庁北側で街宣を実施した後、
帰函し、美原交差点、七重浜交差点で街宣の予定です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.11.1===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ご当選おめでとうございます。松木さんはすぐ確実の報が出たのに逢坂さんはなかなか出ず接戦なのかと心配しました。先日のコメント欄通りにヤフコメなどでは相変わらず
    悪夢の民主党政権とか対案も出さず反対ばかりな立憲と、聞くところによると自民応援団がコメントして若者を誘導しているように見えこの前の方のも同じこと書いてましたよね。それでなのか、維新の会も入れた与党の大勝、残念でたまりません。憲法も改正されていくんでしょうね。私は70過ぎですが若い方にとって良い国になっていってほしいと切に思います。それと、上から目線で発言する立憲の方へ私の周りでも評判よくありません。やめられませんかね。良いこと言っていても効果半減。
    与野党伯仲になってほしかったと本当に残念な選挙結果でしたが、逢坂さんはじめ当選された方々は頑張ってほしいと応援していますよ。

  2. おはようございます。
    当選、おめでとうございます。

    立憲の退潮、逢坂さんが党幹部を降りてからの
    党の存在感の無さを見ていれば、当然だと思いますよ。
    枝野代表なんて、何を考えているのかわからないくらい
    あやふやな存在でした。

    最大の失点は、森加計桜で安倍元首相の首を取れなかった
    ことです。取る方法はありましたが、戦略と戦術を誤りましたね。
    首を取って一気呵成に攻めれば、自民は勝手に転んだと思います。

    しかし、もうその機会はなくなりました。今後は、党首が先頭に立ち、
    党の存在感を示す活動がどれだけできるかに、存続できるか否かの鍵が
    あります。日本維新の会ような出鱈目ネオリベ政党に足元を掬われぬよう、
    逢坂さんが先頭に立って旗を振ってほしと思います。
    期待しています。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です