徒然日記

21年11月30日 その5212『逢坂誠二の徒然日記』(6909)

代表選挙12日目、投票日の朝を迎えました。

夜明け前の気温は3度程度でしょうか。

昨日と同じくらい下がっています。

ずっと走り続け、気づけば11月も最終日です。

1)有り難うございます。

この間、本当に多くの皆さんにお世話になり、
今日を迎えることができました。

衆院選挙とは全く違う、取材などの連続の12日間となりました。

早朝から夜遅くまで、毎日、色々な日程が組み込まれ、
体力をどう調整するのか、
その感覚が掴めないまま最終日となりました。

特に以前の選挙ではあまりなかった、
ネットメディアでの発信が多かったのも、
昨今の特徴だと思います。

地上波で今回の私たちの選挙戦がどの程度扱われたのか分かりませんが、
候補者が生出演したのは、NHKとフジテレビのみでした。

一方、東京の民間企業の調べによれば、
自民党総裁選のテレビ放送時間は29時間55分です。

もちろん自民党の総裁は、総理選びですから関心が高いことは理解しますが、
我々の代表選挙ももう少し関心を持って頂きたいと感じます。

ちなみに衆院選は25時間52分で、
自民党総裁選挙よりも短いという驚きの事実もあります。

とにかく今日、結果が出ます。

2)兼業農家?
昨日、福島県二本松市で、農作物を栽培する畑の上に、太陽光パネルを設置し、
ブドウなどの栽培と太陽光発電を同じ土地で行う事業を視察してきました。

農業と発電用太陽光を共有するいわゆる「ソーラーシェアリング」事業です。

約6 ヘクタールの農地に、通常よりも高い支柱を立ててソーラーパネルを設置。

そのパネルの間に、蕎麦や葡萄を植えています

電力は、年間で一般家庭約620世帯分に相当する370万キロワット時を発電します。

葡萄は、2025年に約5トンの収穫を目指すといいます。

新しい形の兼業農家とも言えるものですが、
今後、こうした形態が広がるものと思います。

最後の演説に向けて精神を集中します。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.11.30===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。