徒然日記

21年12月5日 その5217『逢坂誠二の徒然日記』(6914)

昨朝、代表らと2時間近く打ち合わせをした後、帰函しました。

代表選挙前の先月 14日以来の函館となります。

夜明け前の函館の気温は氷点下3度程度。

路面は凍結し、雪が舞っています。

当然ですが、東京とは全く違う天候です。

1)金星
昨日、金星のことに言及したところ、多くの皆さんから、
空を見上げたとか、金星を見て心が落ち着いたなどのメッセージを頂きました。

いつも明るく光り輝く星が気になっていても、
金星だと意識して見ることはあまりないと思います。

私の日記によって、
はっきりと自律的に金星を眺めた皆さんがいたことを何となく嬉しく思います。

今日の月齢は1です。

夕方の西の空に細い月が見られるでしょうか。

2)へベルデン結節
以前からへベルデン結節に悩まされていることは、
幾度か日記に書いた通りです。

昨年末、対処療法を行い、
何とか痛みがおさまっていたのですが、
最近また、痛みが激しくなりました。

意識を集中して仕事をすると、特にその痛みが気になります。

時間を見つけて、治療に行かねばなりません。

3)新井満さん
新井満さんが、一昨日、亡くなったことを知り驚いています。

新井満さんといえば「千の風になって」が有名です。

私は、自由訳「方丈記」が結構好きで、何度か読み返しました。

最後にお会いしたのは、一昨年、函館の芸術ホールだったでしょうか。

頻繁に意見交換をする関係ではありませんでしたが、
いつも丁寧に語りかけて下さる新井満さんの存在は大きなものでした。

訃報に接し何とも残念です。

心からご冥福をお祈りします。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.12.5===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。