徒然日記

21年12月6日 その5218『逢坂誠二の徒然日記』(6915)

函館市内での活動を終えて、昨夕、上京しました。

東京の夜明け前の気温は5度。

多少雲が多めです。

1)冬の到来

昨朝、雪の五稜郭公園を歩きました。

いつもは堀の内、堀の外と2周するのですが、
寒さにひるんで1周のみで終了しました。

堀の内の土手に立っていると、
遠くから除雪車の音が聞こえてきます。

体が寒さに馴染んでいませんが、厳しい冬の始まりです。

2)言葉づかい

昨日、私の公式LINEを通して次のご意見を頂きました。

====

カタカナ用語、難解な漢字ばかりの言葉を
中学生にもわかる程度の
平易な言葉に置き換えて発信頂きたい


例えば「身を切る改革」は個人的には全く好きではありませんが、
世間的にはわかりやすい


世間は政治家の方々が思っている以上に語彙や知識がありません


皆が理解できる言葉を使うだけで貴党の発信力はずいぶん上がる


ジェンダー、パリテ、などは世間には言葉としてまだ浸透していない


政治家の皆様が思っている以上に世間は理解度が低いこと意識頂けますと幸い

====

こんなご意見ですが、実にもっともなことです。

私自身は、言葉としての「パリテ」は、
多くの方が理解されていないと感じており極力使いません。

「ジェンダー」は使う場面が多いですが、指摘のとおり分かり難いですね。

選挙も政治も情報戦略であることは事実です。

どう分かりやすく伝えるか、改めて考えてみます。

さあ今日から新体制での臨時国会です。

全力で走ります。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.12.6===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です