徒然日記

22年1月27日 その5270『逢坂誠二の徒然日記』(6967)

午前5時、都内の気温は2度です。

空に多少雲があります。

日中は11度まで気温が上がる見込みです。

1)糠に釘

糠に釘:柔らかい糠に釘を打つように、手応えがない、ききめがない

豆腐にかすがい:意見をしても手ごたえがなく、効果のないことのたとえ

のれんに腕押し:手ごたえのないこと、張り合いのないことのたとえ。

====
上記は岸田総理の国会答弁を評してのある議員の発言です。

総理は、確かに丁寧に聞いているように見えます。

答弁でも「対応を検討する」などの答弁をします。

しかし実際には、何も決まらず、検討をしているのかも不明です。

実は、議会答弁の「検討」は結構重要な言葉なのです。

検討すると発言すすれば、それは何らかのことを行う意味となったのが、以前です。

だから私自身も答弁の際、検討すると言う時は、相当に気をつけて発言をしていました。

質疑者にすれば、検討するとの答弁を引き出したら、一つ前進した、そんな感覚だったのです。

ところがこれほど検討を連発し、何も進まない状態が続くと、
議会における検討の意味が、全く軽いものになってしまいます。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.1.27===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。