徒然日記

22年3月5日 その5307『逢坂誠二の徒然日記』(7004)

今日は啓蟄です。

夜明け前の都内、気温は4度程度です。

今日、やっと帰函できます。

函館の夜明け前もプラスの気温になっています。

確実に季節が動いています。

1)原発

昨日、ウクライナのザポロジエ原発の施設がロシア軍に砲撃されました。

おそれていたことの一つが起きてしまいました。

戦争状態になったときに、原発は確実に標的になります。

ここを攻撃すると脅すことだけでも、相当な脅威になります。

原子炉が直接攻撃されなくとも、電源が断たれるだけで、
原発の冷却ができず、原発は危機状態に陥ります。

以前から指摘されておりましたが、
戦闘状態になった場合の原発のリスクは極めて高いのです。

日本では、柏崎刈羽原発など日本海側にたくさんの原発が立地しております。

これらがミサイルなどの標的になれば、とんでもな大惨事となってしまいます。

原発保有国は自国が攻撃される核爆弾を抱えているようなものです。

とにかく戦闘を中止しなければなりません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.3.5===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。