徒然日記

22年3月15日 その5317『逢坂誠二の徒然日記』(7014)

朝起きて外に出て空を眺めるのが、半ば日課です。

まず天気が気になる、子どもの頃からの習い性です。

この季節になると毎年、同じことに言及します。

春眠不覚暁(しゅんみんあかつきをおぼえず) 処処聞啼鳥(しょしょていちょうをきく) 夜來風雨聲 (やらいふううのこえ) 花落知多少(はなおつることしるたしょうぞ)

孟浩然の有名な漢詩「春暁」です。

習ったのは中学の時でしょうか。

今日は、これを書いて日記は終了です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.3.15===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。