徒然日記

22年3月16日 その5318『逢坂誠二の徒然日記』(7015)

昨夜は就寝時刻が遅くなりました。

そのため今朝は眠いっ!!

この一言です。

1 )さあ対策を

将来に希望、光を指し示すことが政治の役割であることは間違いありません。

一方、現状を分析し、安易な楽観論に陥ることなく厳しい現実も直視し、
将来への備えをすることも政治の役割です。

厳しい現実を指摘するとtwitterなどで、
日本をdisっているなどと批判めいた指摘をする方がおられますが、
現実をしっかりと見つめることなしに、対策講ずることも、
将来への備えをすることもできません。

批判を恐れず、現実を直視する必要があります。

日本では今、物価高、人手不足、原材料資材不足などが起きています。

来年度予算では、こうしたことへの対策は盛り込まれておりません。

早急に補正予算を編成し、これらの対策を講ずる必要があります。

また私が以前から指摘する教育をはじめとする人への投資が不可欠です。

政府は予算の組み替えには応じないでしょうから、次善の策として補正が必須です。

今日も早朝から会議です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.3.16===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。