徒然日記

22年5月14日 その5377『逢坂誠二の徒然日記』(7074)

昨日、本会議終了後、帰函しました。

函館の朝の気温は12度。

街全体が霧に包まれた雲の多い朝です。

1)滑走路の凹凸
以前も書いたかもしれませんが、
羽田空港の滑走路の凹凸が気になります。

着陸時はあまり気になりませんが、
離陸時は飛行機が大きくバウンドする場合があります。

こんな滑走路で大丈夫かと思うほど、沈みこむ箇所があるのです。

週明けに国土交通省に点検の状況などを確認します。

2)政府の責任
知床の観光船の事故について、政府がやっと重い腰を上げ、
昨年の特別監査での行政指導や、会社が提出した改善報告書の内容を公表しました。

昨年時点で10項目も指導事項があったのですが、
その多くが改善されないまま今年の運航が始まっています。

会社が相当に杜撰な状態であったことが明らかになっていますが、
それと同時に指摘事項について、確実に改善されたかどうか、
それを政府が確認せずに今年の運航が始められた可能性があります。

昨日の我が党の国交省からのヒアリングでは、
担当課長が「猛省しなければならない点がある」と発言しています。

つまり監査が全く機能していなかったのです。

会社の責任はもとよりですが、政府の責任も極めて大きいと思います。

3 )青空対話集会
今日16:30より、私が東京の立川駅で青空対話集会を行います。

YouTubeでも中継します。ぜひご覧ください。#青空対話集会

*日時: 5/14 16:30 START
*場所:JR立川駅北口デッキ上
*配信:youtu.be/-e-YMR7varE
*参加:逢坂誠二 / 松尾明弘 ほか

明日は兵庫県にお邪魔して、 # 青空対話集会 を実施します。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.5.14===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です