徒然日記

22年5月19日 その5382『逢坂誠二の徒然日記』(7079)

日の出前の都内、気温は13度程度です。

今日も雲の少ない朝を迎えました。

昨日は、久々に太陽の光が多く降り注ぎ、
土の地面もやっと乾いた感じです。

今日は昨日もよりも気温が高く27度程度になる見込みです。

1)戦争を避ける
我が国は、真の意味で主権国家ではない、そのことは以前も言及した通りです。

ウクライナの戦争が始まって以降、どうすれば我が国が、
戦争に巻き込まれないのか、そのことばかりを考えています。

憲法9条、外交、経済、文化芸術、さらに防衛力など、
どうやって戦争を避けるのか、答えはなかなか簡単ではありません。

2)国の責任
知床の観光船沈没事故に関し、昨日、斉藤国交大臣は
「国側にも反省点はある」との認識を示しました。

観光船の運営会社に対し、国交省が去年、
特別監査や抜き打ち検査を実施していましたが、
それが全く機能していなかったのです。

昨年の特別監査の後、
会社が提出した運航記録簿には風速、波の高さなどについて、
連日同じ値が書き込まれていたといいます。

これは一例ですが、国交省は、こんな杜撰な対応を見逃し、運行を認めていたのです。

国が特別監査後の対応を厳格に行なっていれば、事故は防げたのかもしれません。

事業者が責任を免れることはできませんが、国の責任も重大と言わざるを得ません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.5.19===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。