徒然日記

22年8月6日 その5461『逢坂誠二の徒然日記』(7158)

広島に原爆が投下されて77年となる朝を迎えました。

あれからこんなにも時間が経過し、色々な議論があったはずなのに、
世界は平和になっていませんし、核がなくなっている訳でもありません。

人類はこんなにも愚かなのでしょうか。

どうすれば世界が平和になるのか、今一度、考えなければなりません。

1)少しでも審議をする
3日間、手続きだけの国会が昨日閉会しました。

国会の会期延長を要求しましたが、
与党は全く応ずる気配がありませんでした。

したがって3日だけの会期に反対するのが本筋です。

しかし今回は単に反対しても得るものはありません。

少しでも審議をすることが大きな目的です。

そこで最終的に、様々交渉をした結果、国会が閉じた後に、
懸案になっている事項について委員会質疑をすることについて、
何とか与党を合意させることができました。

そこで不承不承、消極的に会期3日間に賛成することになりました。

本来、国会は審議する場なのですが、審議を実現させるために、
これほどの分かり難い判断をせざるを得ないことは、異常なことです。

この異常ぶりをもっと多くの皆さんに共有頂きたいのですが、
多くのメディアでは報道すらされません。

昨日は、道連として統一地方選挙の準備のため札幌入りの予定でした。

ところが両院議員懇談会が長引いたため、都内に留まらざるを得ませんでした。

都内の朝、気温は23度。空全体に雲が広がっています。

日中も30度に届かない見込みです。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.8.6===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。