徒然日記

22年9月15日 その5501『逢坂誠二の徒然日記』(7198)

昨夜、遅く旭川入りしました。

日の出前の気温は7度。

空には薄雲が広がっていますが、雨の雰囲気はありません。

日中の予想最高気温は25度の見込みです。

昼過ぎには上京します。

1)予算委員会
今回、予算委員会の筆頭理事を 3年振りに務めることになりました。

昨日、都内での私の朝食勉強会でも話をしましたが、
教育、食料確保、国民の買う力の向上などはもとより、
旧統一教会問題、物価高対策、コロナ対策など課題山積です。

代表代行として、異例のことかもしれませんが、
闘う予算委員会として確実な対応をしたいと思います。

2)五輪汚職
東京オリパラを巡る汚職事件でまた逮捕者です。

KADOKAWAの会長角川歴彦容疑者が6900万円の賄賂を渡したとしての逮捕です。

角川容疑者は以前の取材に、賄賂に関し「全くありません」と説明していました。

この説明に呆れる他はありませんが、東京オリパラ汚職はどこまで広がるのでしょうか。

オリパラに対するイメージが完全に壊れてしまいました。

3)エリザベス2世
昨日、イギリス大使館を訪問し、女王陛下エリザベス 2 世のご逝去にあたり、
ヘレン・スミス首席公使に弔意を伝え、記帳をさせていただきました。

早い時期にお邪魔すると、混雑などで大使館の皆さんのご苦労をおかけするだろうとも思い、
日をずらしての弔問としましたが、昨日も多くの方が記帳に来られておりました。

改めて、心からお悔やみを申し上げます。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.9.15===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    今日の話題とは直接の関係はないですが、
    興味深い論考が目に付きました。
    恐らく、政府に従う事しか考えていないように見える「連合」の
    会長には理解できない事態だろうと思います。
    ご参考までに。
    ――――――――――――――――――――――――
    http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-5933.html
    政府が労働者を応援する姿勢も鮮明だ。ウォルシュ労働長官は
    「労働組合に加入して、自分たちの権利をはっきり言うべきだ。
     政府は労働者の団結権を支援する」「労働組合員を増やすことは
    経済をより強くし労働者とその家族の生活をより良くする」と語る。
     労働者に団結を求める発言はマルクスの「労働者は団結せよ」
    (共産党宣言)を思い出させる。世界最強最大の資本主義国家アメリカの
    政府が労働者の団結を支援すると言い出すほどに労働者の状況は深刻で、
    それとともに資本主義体制も危機にあるという認識を示した。
    労働組合敵視と弱体化をすすめてきた日本の経営者と政府との違いは
    明らかだ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。