徒然日記

22年9月16日 その5502『逢坂誠二の徒然日記』(7199)

都内は雲の少ない夜明け前を迎えました。

気温19度です。

天頂には月齢 20の月が輝いています。

あえて見上げなければ月に気づかない程の高度です。

日中は30度になる見込みです。

昨朝、日記を書いた後、旭川市内を散歩しました。

気温7 度は、涼しさを通りこした寒さでした。

季節は確実に動いています。

1)やっと
岸田総理がやっと自分の派閥の会合で国会召集に言及しました。

「これから国連総会があり、国葬があり、来月には臨時国会も予定されている」

こう述べたようですが、時期は明示しておりません。

報道では10月3日の召集を軸に調整中となっていますが、
とにかく 1日も早く国会を開くべきです。

「国の内外に歴史を画するような課題が山積している」

このようにも語ったようですが、それを理解しているなら、もっと素早い対応が必須です。

2 )旧統一教会
旧統一教会と政治家の関係が明るみなっています。

*反社会的な活動
*反日的な活動

この2点が特に問題です。

また国会議員の調査だけでは不十分です。

昨日、訪問した旭川市では、市議会議員も関わりが指摘されています。

地方議員なども含めて、実態の解明をしなければなりません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.9.16===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。