徒然日記

23年1月14日 その5621『逢坂誠二の徒然日記』(7318)

昨朝、上京して、夕方には帰函の予定でしたが、予定変更となり今朝の便で帰函です。

1)次の札幌オリンピック
51年前の札幌オリンピックのことは、以前も何度か言及させて頂きました。北海道にとって、あるいはあの当時の子どもにとって、極めて意義のある大会でした。
あれから半世紀が経過し、2030年に再び札幌を中心にしてオリンピックを開催したいとの機運が高まり、札幌市や JOCを中心に誘致活動を続けて来ました。ところが一昨年の東京オリンピックを巡る様々な疑惑などが噴出し、オリンピックに対する国民感情が大きく変化しました。それにも関わらず、東京大会の組織委員会が解散するなど、責任の所在が曖昧で実態解明に後ろ向きな現実は、誠に残念です。政府や関係機関のこうした対応は、今後のオリンピックに対し大きな負の遺産を残してしまいました。昨年12 月、JOCが札幌オリンピック開催に関し、積極的な機運情勢活動を当面休止することを発表しましたが、現下のオリンピックに対する国民感情を思うと、これは無理からぬことです。
オリンピックに対する国民の信頼を取り戻すためには、東京オリンピックに関するあらゆる疑惑の徹底解明が必須です。これは札幌オリンピックの誘致を継続する、しないに関わりなく行う必要があります。なぜならこの解明がなければ、オリンピックに対する国民感情が好転することはないからです。
札幌オリンピックの招致活動については次のように考えています。
*札幌オリンピック招致の賛否を問う意向調査の確実な実施
*意向判断のために東京オリンピックの疑惑の徹底解明と検証及び透明性の高い組織や運営のあり方の検討

つまり問題点を整理し、札幌市民などの意向も踏まえた上で、今後の誘致活動のあり方を決定する必要があります。
オリンピックに対する信頼は失墜したのだから、札幌オリンピックの招致は即刻断念すべきとの意見が多いことも承知しております。しかし招致断念をしたからといって、オリンピックにまつわる疑惑や課題が払拭されるわけではありませんし、札幌オリンピックを招致すべきだとの声があるのも事実です。したがって疑惑を解明し対策を講じて、その上で民意も踏まえつつ、判断をすべきだと私は考えています。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2023.1.14===
逢坂誠二の公式LINE からご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/eDi8g6I

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です