徒然日記

9月21日 その1873『逢坂誠二の徒然日記』

函館は多少、雲の多い朝を迎え得た。



朝の気温が15度と、ぐんと下がった。



最高気温も25度と、一気に下がる見込みだ。







1)地元回り

20日は、松前方面を歩いた。



国会開会中は、

平日に地元回りができないのが、

現職の悩みの種だ。



今回は、引き合わせたい人がいるという、

支援者の紹介で、松前方面を歩いた。



本来、挨拶などにお邪魔しなければならないところが、

山のようにあって、一日だけでは十分ではない。



もっともっと時間の確保をしなければ、

開会中の不義理を解消することはできない。



それでも、行く先々で、

「頑張れ」、「応援している」等の激励を声を頂き、

本当に多くの勇気を頂いた。



もちろん民主党政権のやっていることが見えないとか、

新聞テレビの評判だけを聞いていると、

民主党が何もしていないように見える等、

批判、苦言もあるのは事実だ。



しかし、教育や医療福祉、地方財政、

一次産業振興、公共事業など、

具体例を上げて、説明すると、

多くの皆さんが、我に返ったように、

「そうだよね」と納得する場面が多いのも事実だ。



マスコミの醸し出す、

民主党に対する後ろ向きな印象を少しでも払拭するため、

我々のPRをもっとしなければならない。



そのためには、もっともっと直接対話が必要だ。



====



今回の地元歩きでも、

原子力発電所に対する不安の声が、

多数寄せられた。



特に水産関係者から、

「こんなに豊富な水産資源のあるところに

 何故原発なのか理解できない。

 万が一、事故が発生したら、

 青森も北海道も壊滅状態になる」

との声があったが、まったくその通りだと感ずる。



将来の日本を考えながら、

皆さんの思いも踏まえつつ、

適切な判断をしなければならない。







朝のうちに函館市内3箇所で街宣活動を行った後、

党の代表選挙のための

臨時党大会に出席するため、上京となる。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・9・21 Seiji Ohsaka


=============

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です