徒然日記

10月6日 その1888『逢坂誠二の徒然日記』

寒さで目が覚めた。

ついこの間まで、

暑くて寝苦しい状態だったのに、

北の秋は足早に深まって行く。

昨夜、最終便で帰函した。

函館は雨の朝を迎えた。

今朝の気温は12度、

日中は20度程度の見込みだ。

1)原子力

原子力規制委員会が、

停止している全国の原発について

再稼働の判断にはかかわらない、

との見解をまとめている。

委員の説明によれば、

規制委が個々の原発を安全だと判断することは、

再稼働を認める場合の「必要条件」だが、

「十分条件になるかは別問題」と指摘しているが、

同感だ。

原発の稼働、再稼働、新増設は、

安全性だけの問題で決まるものではない。

エネルギー政策全体の中で

判断されるべきものなのだ。

仮に全ての原発が安全だと判断されても、

他に代替する電源があれば、

安全だと判断された原発を

無理に稼働させる必要がない場合も当然にあるだろう。

====

福島第一原発事故の現状を見て、

国民の多くの皆様が脱原発を望んでいることは明らかだ。

仮に多くの原発が安全だとのお墨付きを得たとしても、

原発ゼロを明確な目標として、

その具体的実現を目指すのが政府の役割だ。

原子力ゼロに向けた現実的な工程表を

早急に作り上げるのが、政府の役割だ。

====

今回、発足した規制委員会は、

政府からの独立性が強い仕組みになっている。

しかし、それは安全性に関する独立性であり、

安全と判断された原子力発電所を稼働させるかどうかは、

原子力ゼロに向けた現実的な工程表に則って、

政府が判断すべきことだ。

この点を履き違えてはならない。

====

とにかく、

ゼロ目標に向けた現実的な工程表づくりを

急がなければならない。

立地自治体

電力融通の限界

電気料金への影響

核燃料サイクルと使用済核燃料処理

発送電分離や送電網整備

以上など、工程表づくりのうえで、

考慮し克服すべき点は極めて多い。

====

大きな目標に向かって、

着実な歩みを続けること、

国民の皆様に説明をし続けること、

とにかくその動きを早急に開始しなければならない。

2)移ろい

有楽町駅ガード下に、

いつも靴磨きの方がいた。

独特の磨き方でファンも多かったものと思う。

私も、近くを通る際には、年に何度か利用していた。

ところがこの春頃から、

その靴磨きの方の姿が見当たらなくなった。

病気にでもなったのだろうかと心配していた。

====

ところが先日、交通会館の前を通ると、

蝶ネクタイに鳥打帽を被った靴磨きの皆さんがいる。

そのうちの一人は、なんといつものあの方だ。

以前は、白いワイシャツにノーネクタイ、

黒っぽいズボンという、

普通の服装で営業していた。

それが蝶ネクタイに鳥打帽とは驚きだ。

話を伺うと、

路上営業ができなくなり、

出店を見合わせていたとのこと。

ところがファンからの問い合わせが多くあり、

それを聞きつけた、ビルのオーナーが、

靴磨きは有楽町の文化として

ビル敷地内での営業を認めてくれたのだという。

その際に、多くの人のアドバイス等もあり、

従前の普段着風の雰囲気から、

英国風の若干気取ったスタイルに変更したのだという。

いずれにしても、

復活して何となく嬉しい気分で、

靴を磨いて貰った。

====

そんな復活の一方で、

丘珠空港の「おかだま食堂」が、

先月30日で閉店したという。

空港ビルの2階にあるこの食堂は、

早い飛行機に乗る際に、

たびたび朝食などで利用させて頂いていた。

特に空港側の大きな窓に面したカウンター席で、

滑走路やエプロンを眺めながら、

蕎麦とオニギリの蕎麦定食を頂くのが常だった。

ところが丘珠空港からANAが撤退し、

年間30万人台の利用者が、

半数以下の12万人台に激減した。

この影響もあり、

食堂の経営が立ち行かない状態になったという。

丘珠空港の魅力の一つ「おかだま食堂」の閉店は、

なんとも寂しいことだ。

今日は、北斗、森、八雲で活動の後、

15時からサンリフレ函館で、

第26回オープンミーティングを開催する。

予約なしで、どなたでも参加できる。

初めての方も奮ってご参加頂きたい。

さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・6 Seiji Ohsaka

=============

 

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です