徒然日記

2月8日 その1110『逢坂誠二の徒然日記』



週末の地元での活動を終えて、
昨夜、上京しています。

都内は雲が少なめの朝です。

日中の予想最高気温は12度。
暖かい雰囲気になる見込みです。

函館も、予想最高気温が4度。
2日連続の冬日です。

天候は、曇りのち雪か雨で、
スッキリしないようです。

1)新春の集い
この週末は、松前町と函館市で
新春の集いを開催しました。

====

土曜日(6日)に、
松前町で開催しています。

当日は、松前方面は、
風雪波浪警報が発令される生憎の天候でした。

また羽田からの飛行機も函館空港の雪のため、
東京へ引き返すとの条件付きでの離陸でした。
(結局、飛行機は無事に着陸しています。)

こんな悪条件にも関らず、
200人もの方に参加頂き、
盛大に開催することができました。

また漁協婦人部のみなさんには、
ホッケのすり身汁とクジラスープの素麺を
ふるまって頂きました。

色々な地域の懸案事項について要望を受けると同時に、
多くの方々から体を気遣う声を頂きました。

また松前の川内谷後援会長から、
「地元のことは後援会がしっかりと対応するから、
内閣で存分に働いて」と激励を受けました。

いずれの参加者からも、
多くの励ましの言葉を頂き、
感謝、感謝です。

====

昨日は、函館市内で開催しています。

函館は久しぶりに真冬日から抜け出し冬日。

この函館開催で、
今年の新春の集いも10箇所目となります。

昨日は、地元の市長、町長、道議、市議、町議、
副知事、さらに経済界の皆さん、福祉関係者、行政関係者など、
広い分野から、
1,300人ほどの皆さんに参加頂きました。

また同じ総理大臣補佐官仲間として、
小川勝也参議院議員も駆けつけてくださり、
花を添えていただきました。

会場を回る中で、昨日も色々な話を伺いましたが、
昨日も私の健康を気遣う声が多くあり、
申し訳なく思います。

またニセコでの私の初代後援会長、
故佐藤和夫さんのお嬢さんも会場に駆けつけてくれました。

「亡くなった父や母に、
逢坂さんの姿を見せてやりたい」

お嬢さんから、そんな言葉を聞いて、
佐藤和夫さんの分まで、
頑張らなければならないと改めて感じています。

「逢坂さんの今の役職への就任を、
全国の市町村長が喜んでいる」

こんな話も聞いて、私自身も嬉しくなりました。

====

今週末の新年の集いも、
大勢の皆さんのご支援によって、
無事に終了することができました。

また沢山の勇気、元気を頂きました。

改めて御礼申し上げます。

2)対応が違う
この週末も、色々な要望を受けていますが、
昨日はこんな話を聞きました。

「福祉施設開設の事前協議で色々な役所に行くが、
事前に打ち合わせたことが、
後にコロコロ変更になったり、
市役所、支庁、さらに本庁で対応が違い、
誠に苦慮している」

こんな話なのです。

この話を聞いて何となく思い当たる節があります。

担当の職員も、きっと一生懸命対応しようとしているのでしょう。

しかし、十分に調べて回答しなかったり、
回答したことを確実に書きとめておかなかったりするために、
きっと後になって、齟齬が生ずるのだと思います。

こうしたことを回避するためには、
打ち合わせメモを作成すれば良いのですが、
今度、そうした実態について調べてみます。

私どものところには、
色々な相談事が持ち込まれますが、
できる限りの対応ができればと思っています。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2010・2・8 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です