徒然日記

2月22日 その2011『逢坂誠二の徒然日記』





函館は、わしわしと雪が降っている。



今まで、函館では、

お目にかかったことのない雪の降り方だ。



朝の気温はマイナス5度程度。



日中は、マイナス3度の真冬日だ。







1)政治と経済

安倍政権が、もっとも重視している分野は経済だという。



これはこれで理解できるが、安倍総理の話を聞いていると、

経済と政治の役割の違いが理解できていない雰囲気を感ずる。



経済さえ良くなれば、国民が幸せになれるものではない。



国民が幸せになるためにどんな国家を目指し、

どんな経済活動を行うか…、

これらについての考えが必要だ。



国や社会のあり方に対する、明確な思いがないままに、

単に経済活動だけを重視した政策をとることは、

主権者たる国民個々人の力を弱め、

民主主義を阻害しかねない。



こうしたことを安倍総理は理解しているだろうか…。







2)原発推進

経済産業省は、

エネルギー基本計画をまとめる有識者会議を一新し、

民主党政権時代に「脱原発」を主張してきた

有識者らを入れかえる方針だと言う。



民主党政権が

「2030年代に原発稼働ゼロを目指す」という方針たてたが、

安倍政権はこれも白紙に戻し、

エネルギー基本計画には入れないという。



昨年の総選挙で、

脱原発に言及した自民党候補の皆さんもいた。



彼らは、有権者に、一体、どう説明するのだろうか。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・2・22 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です