徒然日記

3月9日 その2026『逢坂誠二の徒然日記』





今日、那覇市内で、

自治や政治について講演するため、

昨日昼に沖縄入りした。



那覇の朝の空は雲がなく、日中も晴れの予報だ。



昨日、那覇空港に到着した際の気温は25度。



何と夏日だ。



吹雪の北海道からは想像もつかない。



今日も24度まで気温が上がる見込みだ。







1)普天間など

那覇空港到着後、基地の状況を視察した。



まず基地問題に詳しいジャーナリストの方から、

沖縄の基地問題が内政問題であるというレクチャーを受けた。



2004年8月、普天間基地に隣接する

沖縄国際大学構内に米軍ヘリが墜落した。



その直後に、講演で大学を訪問する機会があったが、

今回も沖国大のベランダから基地を視察した。



基地のエプロンには、

オスプレイ3機が駐機しているのが見える。



その後、車で北谷、嘉手納などを見て回った。



嘉手納基地では、

大型輸送機ギャラクシーの離陸に偶然、遭遇できた。



ギャラクシーは、

海兵隊の輸送に大きな役割を果たすものだが、

沖縄には常駐してない。



必要に応じてアメリカ本国から飛来することになっている。



昨日は、たまたまその場面に出くわしたことになる。



====



普天間移設については、

様々な問題が複雑に絡み合っている。



辺野古移設が濃厚な雰囲気に感じられるが、

私個人としては、

新たな基地の建設は何とも理解し難い。







今日の沖縄の講演は、

朝から夕刻まで、ぶっ通しとなる。



日ごろは、長くても

100分程度の講演が多いが、

今日は、一日中、集中しての話だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・9 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です